新着記事

太陽系の惑星3個増えるの?

2006/08/17

 
すいきんちかもくどってんかいめいの後に続く3つの名前とは?つーか本当なのか?もし、認証されたら3つ覚えておかないと今後小馬鹿にされる可能性も出てくるわけだ。
しかしまぁ〜今までは天体としていたものをナニがどうしていきなり惑星に昇格?
定義案によると、惑星は自己の重力で球形を作り、恒星の周囲の軌道を回る天体――で、直径800キロ・メートル以上が目安となる。これによると、冥王星は小惑星に格下げされず、逆にゼナのほか、火星と木星の間にある小惑星「ケレス」と冥王星の衛星「カロン」が惑星に昇格する。

ってことらしいんだけど・・・ま、あまりと言うかほとんど訳が分かりませ〜んって世界。
しかし・・・このカロンって星・・・月よりも小さく、冥王星よりもちいさいのに惑星と呼んでいいのだろうか?

月より小さい冥王星は惑星か?カロンは冥王星の衛星
東京新聞

AstroArtsのHPの天文ニュースにはよくわかる画像が載っているのでご参考に・・・。

まず、順番に惑星を見ていくと・・・

太陽・水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星とあるが、新しくなろうとしているそれは、
太陽・水星・金星・地球・火星・ケレス・木星・土星・天王星・海王星・冥王星とカロン・2003 UB313
と言う感じに変わるのか?もしれない・・・らしいね。
最後の2003 UB313はもし惑星の仲間入りしたらどんな名前になるのだろうか?それともこんな記号のままなんだろうか?そうすると覚えにくいよなぁ〜(゜-゜)

まぁ〜昔々、太陽系が発見されたときよりも沢山の天体がくっきりはっきりそしてはるか遠い遠い所にある天体をまで最新の技術を持ってして、見れるようになったのだから、新しく加えても、それはそれで良いのではないのだろうかとも思われるが・・・・

それにしても惑星の名前と言うものはなぜ神話からとる物が多いのだろうか?ま、それはそれやっぱ宗教がらみも関係あるのだろうか?ま、記号だけだとマロン・・・ではなくロマンがどうのとか、覚えにくいとか・・・そんな感じなのだろうか?詳しい事は一切わからないので何ともいえないが・・・でもほとんどの天体についている名前はたしか記号・・・だったはず。M78星雲とか(笑)それしか知らねー(笑)

まぁ〜こんかいのそれも本決まりではないようだし・・・24日の議決で反対意見なんかが多ければ決着が3年後の次回総会に持ち越されるって可能性もあるみたいだし・・・
でも今決まらなくても3年後にはどうせ決めちゃうんだろ?
それにまだ衛星候補が12程あるって言うじゃないかい?一旦「よし!」となったら怒濤の如く続々と新惑星誕生なんかしちゃった暁には・・・夢も希望もロマンもマロンも無くなってしまう・・・そんな感じがるけどもね・・・
でも新しい天体を発見するってどんなんだろう?今までそこには何も見えなかったものが見えるってどういう気持ちだろうか?やっぱ感動だろうね。
望遠鏡しかり、衛星しかり・・・技術の進歩はすばらしいね。



さて、ついでだからここで言っておこう。

来る2006年8月20日 はくちょう座流星群のゆるやかなピークを迎えます!
8月の流星群といえば、何といっても12日から13日ごろにピークになるペルセウス座流星群だが、そのペルセウス座流星群の活動が終わるころに、はくちょう座に放射点を持つはくちょう座流星群が活動する。ピークのころで1時間数個といった程度だが、まれに明るいものも出現することがあるので注目してみたい。


20日ごろならちょうど月も新月4日前となって空もそんなに明るくないのでもしかしたらペルセウスのリベンジが出来るやも知れない。
みずがめ座ι流星群の北群が極大(出現期間7月25日〜8月25日) するらしいの。いずれも見れるといいな・・・である。



2006年8月22日 夜明け前の東の空で惑星と月が勢ぞろいするらしいですぞよ?
夜明け前の東の空では、明けの明星の金星の輝きが目をひいている。8月22日の夜明け前には、その金星の近くに月齢27.6の細い月や土星、さらに水星やかに座のM44・プレセペ星団まで見えてにぎやかだ。双眼鏡でぜひ楽しみたい。

見れるのなら是非見てみたい一品です。
そして、2006年8月27日 金星と土星が大接近するもようです。
8月8日に合を迎えた土星は、明け方の空に移ってゆっくり高度を上げている。8月27日に金星とすれ違うが、その間隔はわずか0.2度。金星が明るいため、肉眼では二つに分かれて見えるかどうかきわどい。さらに、100倍の望遠鏡の視野にも余裕で入ってしまうほどの近さだ。

残念ながら100倍の・・・と言うより望遠鏡は持っていないので、残念なのだが、双眼鏡ならあるので・・・あまり意味はないか(*´д`;)…




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8月14日からチェコの首都プラハで行われている国際天文学連合総会で「惑星」の定義の原案が提示され、内容が公表されました。原案では新たに3つの惑星が追加され、太陽系の惑星は合計12個となっています。最終案は24日に再度提示され、同日中に決議されます。


8月14日から2週間の日程で、国際天文学連合総会がチェコの首都プラハで始まりました。3年に1度開催される総会は、今回が26回目を迎えます。今回の総会での注目は、なんといっても「惑星」の定義が決議されるかどうかでしょう。

これまで「惑星」の厳密な定義はありませんでした。19世紀初めから、火星と木星の間に多くの天体が見つかってきましたが、それらは水星よりもかなり小さく、小惑星と呼ばれるようになりました。惑星と、他の大部分の小惑星や彗星などの天体との間には、大きな差があり、特に問題は生じなかったのです。

しかし、最近の観測技術の進歩は、状況を大きく変えつつあります。1930年に発見された冥王星は、当初は地球ほどの大きな惑星と思われていたのですが、観測が進むにつれ、その推定直径値がどんどん小さくなっていき、ついには水星よりも小さいことがわかってきました。さらに、1992年以降、冥王星が存在する領域に、同じような軌道を持つ小天体がどんどん見つかってきました。これらはエッジワース・カイパーベルト天体、あるいはトランス・ネプチュニアン天体と呼ばれています。2005年には冥王星よりも大きな直径を持つ天体2003 UB313が発見され、第10惑星か、と話題になったのはご存じの通りです(国立天文台 アストロ・トピックス 126)。別な言い方をすれば、太陽系の新しい姿が明らかになるにつれ、惑星と小惑星の間が埋まってきてしまった、ともいえるでしょう。

そこで国際天文学連合では、惑星の定義を天文学的に定めるべく、これまで慎重に議論をすすめてきました。そして、8月16日、総会参加の天文学者に「惑星」の定義の原案が下記のように示されました(一部、日本語訳が定まっていないため、英語表記としています)。

(1)惑星とは、(a)十分な質量を持つために自己重力が固体としての力よりも勝る結果、重力平衡(ほとんど球状)の形を持ち、(b)恒星の周りを回る天体で、恒星でも、また衛星でもないものとする。

(2)黄道面上で、ほぼ円軌道を持つ、1900年以前に発見された8つのClassical Planetsと、それ以外の太陽系の天体を区別する。後者は、すべて水星より小さい。また、セレスは上記(1)の定義から惑星であるが、歴史的理由により、他のClassical Planetsと区別するため、Dwarf Planetと呼ぶことを推奨する。

(3)冥王星や、最近発見された1つまたは複数のトランス・ネプチュニアン天体は、上記(1)の定義から、惑星である。Classical Planetsと対比して、これらは典型的に大きく傾いた軌道傾斜と歪んだ楕円軌道を持ち、軌道周期は200年を超えている。われわれは、冥王星が典型例となるこれらの天体群を、新しいカテゴリーとして、Plutonsと呼ぶ。

(4)太陽を回る他のすべての天体は、まとめてSmall Solar System Bodiesと呼ぶこととする。

重力平衡形状となるのは、地球の質量の約1万分の1が目安です。小惑星セレスは惑星に昇格し、他の大きめの小惑星も、今後、観測が進み、重力平衡形状であることがわかれば、惑星に昇格するでしょう。また、衛星は惑星の周りを回る天体ですが、その共通重心が惑星の内部にあるものを指します。冥王星の衛星といわれてきたカロンの場合、共通重心が冥王星の外にありますから、どちらも惑星、つまり二重惑星となるわけです。ただし、どちらも「Pluton」です。これにより、太陽系には現在、12の惑星(水星、金星、地球、火星、セレス、木星、土星、天王星、海王星、冥王星、カロン、2003 UB313)があり、このうちClassical Planetsが8つ、Plutonsが3つということになります。

もちろん、現段階では、これはあくまで原案です。2週間の総会の最中に、何度か議論が行われた後、必要に応じて改訂された最終案が24日朝に再度、提示され、その日の夕方の全体会議で決議される予定となっています。実際に、今回の会議でどのような案となって承認されるかどうかは、まだ予断を許しません。

参照URL:URL:http://www.astroarts.co.jp/news/2006/08/16planet_definition/index-j.shtml

太陽系の惑星は12個、IAU認定へ
 国際天文学連合(IAU)は16日、太陽系の惑星の数を従来の9個から3個増やし、12個とする原案を明らかにした。小惑星とされていた「セレス」、冥王星の衛星とされていた「カロン」などを、新たに惑星として“認定”する。チェコのプラハで開催中の総会で議論し、24日に最終決定する見通し。専門家は、今回の案が通れば「惑星数はすぐに20個を超える」と指摘。今後、教育現場が混乱する可能性もある。

 すいきんちかもくどってんかいめい−。太陽系の惑星をこんなふうに覚えている人も多いはずだが、IAUの原案が承認されれば、太陽系の概念が根底から変わりそうだ。

 これまで惑星の定義はあいまいで、特に冥王星を惑星とするかどうか激しい議論があった。1930年に発見された冥王星は9番目の惑星とされたが、ほかの8個の惑星と比べてサイズが小さく、軌道も長い。今回の原案は惑星について「十分な質量があってほとんど球形になり、恒星(太陽)を回る、恒星や衛星以外の天体」とあらためて定義。該当するのは、おおむね重さが地球の約1万分の1以上、直径800キロ以上の天体になるとした。

 原案では1801年に火星と木星の間で見つかり小惑星とされてきた「セレス」、冥王星の衛星とされていた「カロン」、米国が発見し昨年“第10惑星”と主張した「2003UB313」の3つが惑星に加わる。カロンは、冥王星の周りを回る衛星ではなく、互いが互いの周りを回る二重惑星と認定。冥王星を除いた従来の8個は軌道や大きさ、歴史的経緯などから「古典的惑星」、セレスなどほかの4個はサイズが小さいこともあり「矮(わい)惑星」と呼ぶことにした。

 渡部潤一・国立天文台助教授(惑星科学)は「原案に従えば、冥王星の外側で今後発見が見込まれる天体が続々と惑星の仲間入りを果たすだろう。該当しそうな大きさの天体は既に複数見つかっており、すぐに20個以上になるだろう」。24日に最終決定する見通しだが、修正が加えられたり、結論が先送りされたりする余地も残っているという。

 惑星の数が変わると教科書が書き換えられるのは必至。惑星の数が増えて教育現場が困惑する恐れもあり「教科書で覚える基本的な知識としては(冥王星を除く)古典的な8惑星で十分ではないか」(渡部助教授)と指摘も出ている。
参照URL:http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20060817-76616.html

太陽系惑星3個増える!?…水、金、地、火、セ、木、土、天、海、冥、カ、2003になるかも
 国際天文学連合(IAU)は16日、太陽系の惑星の数を、従来の9個から3個増やし、12個とする原案を明らかにした。チェコのプラハで開催中の総会で議論し、24日に最終決定する見通し。修正が加えられたり、結論が先送りされたりする余地も残っているという。

 これまで惑星の定義はあいまいで、特に冥王星を惑星とするかどうか激しい議論があった。原案は惑星を「十分な質量があってほとんど球形になり、恒星(太陽)を回る、恒星や衛星以外の天体」とあらためて定義。該当するのは、おおむね重さが地球の約1万分の1以上、直径800キロ以上の天体になるという。

 1801年に火星と木星の間で見つかり小惑星とされた「セレス」、冥王星の衛星とされていた「カロン」、米国が昨年発見し“第10惑星”と主張した「2003UB313」が加わった。カロンは、冥王星の周りを回る衛星ではなく、互いが互いの周りを回る二重惑星と認定。

 惑星の数が増えることで、教科書が書き換えられるのは必至で、教育現場が困惑する恐れもある。科学館の担当者らは「子どもたちにどうやって教えたらいいのか」と早くも頭をひねっている。

 国立天文台の渡部潤一助教授は「教科書で覚える基本的な知識としては(冥王星を除く)古典的な8惑星で十分ではないか」と指摘している。

 ◆新たな惑星3候補

 セレス 1801年に見つかり、直径は約950キロ。最大の小惑星とされる。セレスはローマ神話に登場する女神。

 カロン 1978年に見つかった。直径は約1200キロ。カロンはギリシャ神話で死者の国に魂を運ぶ渡守。

 2003UB313 米国が2005年、エッジワース・カイパーベルトで発見し“第10惑星”と主張。直径は約2400キロ。


参照URL:http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2330757/detail


太陽系の惑星、一気に3個増か 国際天文学連合が新定義

太陽系の惑星がこれまでの9個から一気に3個増え、12個になる可能性がでてきた。チェコ・プラハで開催中の国際天文学連合(IAU)総会で16日、惑星の新定義が提案されたためだ。太陽系で惑星と認定されたのは1930年発見の冥王星までの9個だが、近年、新天体の発見が相次ぐなどしたため、定義の見直しを迫られていた。新定義の採決は現地時間24日午後の予定で、承認されれば、世界中の教科書が書き換えられることになる。
060817新定義による太陽系の惑星
 これまで太陽系の惑星は、歴史的経緯から地球や金星、土星、冥王星などの9個とされてきた。

 IAU総会に提案された惑星の新定義は(1)天体が自ら球状の形を維持できる重力をもつ(2)太陽のような恒星を周回している天体で、恒星や、惑星の衛星ではない――の2条件を満たす天体。これには、質量が月の約150分の1、直径では月の約4分の1にあたる800キロの天体まで含まれる可能性がある。

 新定義が承認された場合、米観測チームが昨夏に冥王星よりも大きく、「第10惑星」として発表した「2003UB313」のほか、火星と木星の間にある小惑星の中では最大の「セレス(ケレス)」、冥王星の衛星とされていた「カロン」の三つが加わる。冥王星とカロンは、惑星と衛星の関係ではなく、二つの惑星が互いを周回しあう「二重惑星」とみなすことになる。

 また、今後も研究の進展に伴って、惑星の新定義に該当する天体が見つかる可能性は高いと考えられている。

 IAUは2年前から、天文学者、作家、科学史家ら7人で構成する「惑星定義委員会」を設け、新定義を検討していた。天文学は古来、神話や思想、文学、占星術など人類の文化と密接にかかわり、新定義は科学にとどまらず、歴史や文化にも影響を与えるからだ。

 セレスは直径約950キロ、カロンは直径約1200キロで、「第10惑星」は直径約2400キロと推計されている。一方、02年に発見されたクワーオワーや03年発見のセドナは、セレスより大きいとみられるが、球形が維持できているかどうかが未確認などの理由で、今回は惑星とされなかった。IAUによると、こうした惑星候補は少なくともあと12天体あるという。
参照URL:http://www.asahi.com/national/update/0816/TKY200608160317.html




その他太陽系惑星定義改定関連ニュース

太陽系惑星、定義改定で3個増え12個に・天文学連合が提案NIKKEI NET10
太陽系惑星9個→12個へ、惑星の定義変更案を公表yYOMIURI ONLINE
惑星の定義、決着か水・金・地・火・木・土・天・海・?東京新聞
太陽系惑星が12個?新定義提案
太陽系12惑星に? 科学の進歩で揺らぐ定義 Fuji Sankei Businessi.






人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

この記事へのコメント
通りすがりの者です。今日の新聞の報道を見て
遅ればせながら太陽系の惑星が12個になると
知ったのですが、新しく見つかった

2003UB313には人類が種として永遠の
生命を手に入れられるかもしれない宇宙という
場所へ到達するために最大の障害となるであろう

ものを目に見える形で示すためにもここは今まで
の惑星に付けられているオリュンポスの十二神の
枠を超えてギリシャ神話の類話の中から、

あらゆる否定的なものを生み出したとされる
夜の女神ニュクス、あるいはその娘で
永遠の命を手にする方法をちらつかせ神々や

人間に混乱をもたらしたとされる
争いの女神エリスの名前をつけてはと
思うのですがどうでしょうか?
Posted by しょーやん at 2006/08/17 14:52
これはこれは通りすがりのしょーやん殿コメントありがとうございます。

調べてみるとこのまだ名前の決まっていない2003UB313の
名前の予想だとかしているサイトが結構多いこ・・・。
この星を発見した観測チームは、ゼナ(Xena)を2003UB313の惑星としての正式名として
国際天文学連合(AIU)に申請しているらしいですが・・・それが正式に採用されるかどうかは・・・


冥王星はギリシャ語でハデス(Hades)・ラテン語でプルト(Pluto)
人間の生き死にをつかさどるこの神の名前は元素プルトニウム(Plutonium)
の語源にもなっている。プルトニウムは原子力エネルギーを作り出すのに使われる・・・

・・・とくると鉄腕アトム関連の名前しか浮かんでこなくなった^^;
それにやったっことのあるFF[で出てくるって言えば・・・
イデア・アデル・アルティミシア・・・
みんな魔女だし・・・そんな物しか浮かびませんわすんませんm(__)m

またこんなコメントにもこりずに通りすがってやってくださいませ。
Posted by 管理人@ at 2006/08/18 19:59
お返事ありがとうございます。

書き込みの後判明したんですがニュクスは
すでに冥王星の衛星に使われているそうで。

それから、24日には正式名が発表される
とか。なんだか残念です。
Posted by しょーやん at 2006/08/19 18:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22452063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

太陽系の惑星、12個に?
Excerpt: 太陽系の惑星というと「水・金・地・火・木・土・天・海・冥」ですが、そこに3つ加えようかという話になってるそうですね。 →記事(日本経済新聞) →記事(アストロアーツ) 加わるのは小惑星に分類され..
Weblog: mmkg
Tracked: 2006-08-17 17:36

太陽系に仲間が増えるかも!?
Excerpt: 天文学の最高機関「国際天文学連合」(IAU、本部・パリ)で、これまで明確でなかった惑星の定義案が示されたとのこと。『太陽(恒星)を周回する自己重力で球形の天体』というこの案に従えば、昨年冥王星の外周で..
Weblog: ただいまに生きる
Tracked: 2006-08-17 22:44

[惑星]どっちにしても困る業界がひとつ
Excerpt: 水金地火セレス木... 語呂が悪すぎるわいっ!! 太陽系惑星、定義改定で3個増え12個に・天文学連合が提案(NIKKEI NET) (元ニュースはこちら) (記事引用) 世界の天文..
Weblog: BBRの雑記帳
Tracked: 2006-08-18 19:32

新惑星とJリーグ
Excerpt: 太陽系の惑星が3個増えて合計12個になるかも知れないらしい。 と言っても新たに3個もの惑星が発見された訳ではなく、今まで曖昧だった「惑星」の定義をこの機会にしっかり定めて、それに適合する既存の天..
Weblog: しっとう?岩田亜矢那
Tracked: 2006-08-19 23:20

和風惑星覚え唄
Excerpt: 太陽系の惑星が9個から12個になるかも・・・という、惑星の「定義」案がフィーバ
Weblog: もちもちはまがっこう
Tracked: 2006-08-19 23:34

惑星が増えました
Excerpt: 占星術的にはいかがなものか・・・ Blogランキングに登録しています!応援クリックお願いします!!
Weblog: サイエンスな日々
Tracked: 2006-08-20 22:52

和風惑星覚え唄
Excerpt: 太陽系の惑星が9個から12個になるかも・・・という、惑星の「定義」案がフィーバ
Weblog: もちもちはまがっこう
Tracked: 2006-08-21 10:53
1日1クリックご協力お願いします。
生意気にもランキングなるものに参加してみた。
お気に召したらどうかクリックなどしてやってくださいまっしぃ〜
まじん3小躍りして\(^▽^\)(/^▽^)/よろこびます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

blogRankingへカテゴリは日記・雑談(その他) ブログランキング・にほんブログ村へカテゴリは日記>>その他 ranQへカテゴリは 日記・雑談 >その他 88x31





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。