新着記事

秋の定例講習会

2007/09/11

台風が去ってから急に肌寒くなり、秋を実感している感が強くなった先日、毎年恒例の秋の定例講習会に出かけた。

今回の交通課の担当者は普段出てくるような感じの人ではなかったので、長々と時間いっぱいしゃべっていてお尻がとても痛かった。
毎回、だいたい同じような感じで最近の傾向などの発表が多い中、今回は終始パンフに記載されている事柄を読み返して注釈しているに過ぎない内容だった。おまけにクイズの回答も教えてくれると言うサービス付だった。(送っておいたので当選するといいなw)


さて今回の定例講習で、見た映画で今回とても印象的だったのが、人間が犯すミスの事をヒューマンエラーと表現していたことだった。人間が人が犯すミス、人為的ミスヒューマンエラーと・・・まるで人間も機械のような扱いを感じた。人為的ミスではなくヒューマンエラーなんだ!パソコンなどに出てくる○●エラーなどと聞いた感じは変わらない。人為的ミス、誰々のミスだとそのミスを犯した人物だけに語りかけるような表現だが、ヒューマンエラーだと、何かミスを犯した当の本人でも
まるで他人事のように聞こえてくるからあら不思議だ!そういった感じを狙っているのだろうか?それともまた別の意図があっての発言だったのだろうか・・・?


しかし、こうなるとなんでもかんでも人が犯すミスは、ヒューマンエラーだから・・・で済ませられそうな感じがして嫌だなぁ〜・・・。自分のミスを棚に上げてヒューマンエラーだから仕方がないだろう!と逆切れする人も出てくるのではないだろうか?それにここ最近精密機械部品を使った商品でエラーなり不具合などがあるときよく使われてきた用法に、そういう仕様だから、○●仕様だからしょうがない・・・などと言うのがあるが、人が人為的ミスを犯した場合でも使われてくるような感じがしてならない。この人はそういう仕様だから・・・ヒューマンエラーが出ても仕方がない・・・そんな言葉で片付けられたくないなぁ〜と思った。


ヒューマンエラー・・・聞こえはいいけど嫌な響きの言葉だ。



それと、新しく道交法が改正されてそれを理由に検挙なりされた時、「そんなの知らないは通じませんから」と交通課の何とかさんがおっしゃっていましたが、そっちが勝手に法改正しているわけで、新しくなったらそれなりの手段で全国の免許所持者に通知するのが義務ではないかと、個人的意見であります。数年に一度免許更新で要らぬ費用の中からはがきでも送って来い!と言いたくなります。交通安全協会と称したkサツの天下り団体なのだから!!全く手付かずの読まない交通の教則本の費用を削ってでも送付して来い!と声を大にして言いたい。
それに春・秋の定例講習会に出る人はその都度色々情報が来るので知っているだろうが、免許所持者のほとんどはそういったものには参加しないので情報は来ないと思われます。かといってkサツ署やハシュツ所に掲示してあっても側を通っても見ない人もいます。やはり簡潔にいついつから何と言う道交法が改正されます詳しくはこちらみたいな感じで葉書を送れ!と言いたい。1枚ものだとアレなので3枚引っ付いている葉書で送って来い!と言いたくもなる。どうせkサツやその天下り協会は民の血税で運営なわけだから、経費を削ってでも世間にアピールしろといいたい。


最近よくみる詳しくはwebで○●検索見たいな感じでデカデカと表示しろと言いたい。駅改札や交番、スーパーコンビニなどで表示しろ!そしてケータイサイトでも見れるような感じで新しくなった部分のポイントを表示するだけでも、知らなかった人も知りえるとだいぶ違うと思う。この道交法の改正をもっと世間にアピールしないこともヒューマンエラーに当てはまるのだろうか?まぁ〜そもそも違反者を検挙することを主にしている仕事だから違反者が減るのはアレだからあまり大々的に発表しないのだろうか?とも思ってしまうのだが・・・。まぁ〜実際どのくらいの割合の人が検索してくるのかはわからないが・・・ほとんどの人はポスターは見るだろうケド検索まではしないと思うな・・・。


ま、何が言いなのかと言われれば、今回の定例講習で見た映画は人為的ミスで起こりうる事故事例がコミカルタッチで作られて、他人事のように見え、あまりふさわしい内容ではないのでは?・・・何だかオヤジウケを狙ったのか?そんな感じがヒシヒシと伝わってくる感じで、司会に子供の頃におしんを演じていた人が出ていて、ちょっと金かかってる?と思わせてしまうような感じの内容で、結局頭に残ったのがヒューマンエラーという言葉だけだったと言うそんな感じの秋の定例講習会でした。


道路交通法が一部改定されました(平成16年6月9日公布)
1. 走行中の携帯電話の使用等に対する罰則の強化(平成16年11月1日施行)
2. 飲酒検知拒否に対する罰則の強化(平成16年11月1日施行)
3. 集団暴走行為等に対する罰則の強化(平成16年11月1日施行)
4. 自動二輪車の二人乗り規制の見直し(平成17年4月1日施行)
5. 違法駐車取り締まりの強化(平成18年6月1日施行)
6. 中型自動車・中型免許新設(平成19年6月2日施行)
■ チャイルドシート・シートベルトの着用
■ 走行中の携帯電話の使用禁止と正しいカーナビゲーションの使用
■ 反射材着用のすすめ
詳しくは⇒こちら

道路交通法の一部改正について[大阪府警察]

平成17年4月1日までに施行された改正道路交通法の概要

道路交通法の主な改正点について(平成19年6月20日公布)[PDF]

道路交通法が一部改正されます! 平成19年9月19日から改正道路交通法が施行


道路交通法(昭和三十五年六月二十五日法律第百五号)

■警察庁「改正道路交通法Q&A」

財団法人 全日本交通安全協会 



人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/54880414
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

チャイルドシート 罰則
Excerpt: 2歳になる娘が最近になってチャイルドシートに乗ることを嫌がるようになりました。...2歳になる娘が最近になってチャイルドシートに乗ることを嫌がるようになりました。娘の好きなキャラのハンドルをつけたりお..
Weblog: チャイルドシートレンタル講座
Tracked: 2007-09-18 10:33
1日1クリックご協力お願いします。
生意気にもランキングなるものに参加してみた。
お気に召したらどうかクリックなどしてやってくださいまっしぃ〜
まじん3小躍りして\(^▽^\)(/^▽^)/よろこびます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

blogRankingへカテゴリは日記・雑談(その他) ブログランキング・にほんブログ村へカテゴリは日記>>その他 ranQへカテゴリは 日記・雑談 >その他 88x31





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。