新着記事

全会一致で決めた!

2005/10/26

女性・女系天皇を容認・政府が法案提出へ
小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(吉川弘之座長)は25日の会合で、女性天皇や、母方が天皇の血筋を引く女系天皇を認めることを全会一致で決めた。

継承者の安定的な確保には「男系男子」に限っている現行制度の維持は困難だと判断した。今後は具体的な継承順位や皇室の範囲について意見集約し、11月中に最終報告をまとめる方針だ。

 政府は有識者会議の結論を受けて皇室典範の改正に向けた検討作業に入る。小泉純一郎首相は同日、首相官邸で記者団に、皇室典範の改正案の来年の通常国会への提出の可能性について「その方向で準備を進めている」と述べた。皇室典範の改正で女性・女系天皇が認められた場合、皇太子さまに次ぐ皇位継承者は長女の愛子さまとなる。

 吉川座長は会合後の記者会見で、制度を見直す理由について「現行制度では将来必ず継承者不足が生じる。制度を安定させるには女性・女系天皇を受け入れるしかない」と説明した。





女性・女系天皇容認で一致皇室典範改正案を提出へ

小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」は25日、首相官邸で14回目の会議を開き、女性が天皇になることや、母方だけに天皇の血筋を引く女系天皇を容認することを10人の委員の全員一致で決めた。皇位継承順位については男女を問わない「第1子優先」の方向で集約し、11月末に報告書をまとめて首相に答申する。小泉首相は25日夜、皇室典範の改正案を来年の通常国会に提出する考えを表明。来年中に女性・女系天皇が認められる見通しが強まった。

 会議後に記者会見した吉川弘之座長は、女性・女系天皇を容認した理由について「(天皇の)後継者が現実に少なく、現行の典範では必ず将来、後継者不足が生じる」と述べ、皇位継承の安定を図るため有資格者を増やす必要があるとの認識を示した。そのうえで、同会議の議論について吉川座長は「女子・女系への拡大という結論でまとまった」と説明。「男系男子が守れなくなったときに、女性の登場を待つしかない」と語った。

 これに関連して小泉首相は25日夜、来年の通常国会への皇室典範改正案の提出について「その方向で準備を進めています」と明言した。首相官邸で記者団に答えた。

 同会議では、旧皇族からの復帰や養子を取ることも検討したが、吉川座長は会見で「皇室制度の歴史から見て、現代でどういう風に受け入れられるかを議論したが、ほとんど可能性がないとの結論に達した」と述べた。

 そのうえで吉川座長は今後、皇位継承順位と皇族の範囲について意見を集約するとした。継承順位については「第1子優先」と「兄弟姉妹の中で男子優先」の2案のどちらかを選択する考えを表明。会議はすでに皇位継承順位の変動が少なく、国民の理解が得られやすい第1子優先案で集約する方針を固めている。

 皇族の範囲については、女性の皇族が結婚すると皇族の身分を離れる現行制度の見直しを検討する。結婚後も皇室にとどまるようにするほか、夫や子供も皇族とするための皇室典範改正を認める方針だ。皇族の大幅な増加を抑えるため、世代で一定の制限を加える案も浮上しているが、吉川座長は「非常に拘束されてしまう。難しい」と否定的な考えを示した。皇室会議などを通じ、皇族の規模を調整する見通しだ。

 吉川座長は、最終報告について「まとめるまで1カ月くらいかかる。内容は全員一致で決める」と説明。11月7日に会議を開くほか、座長が各委員を個別に回って意見を集約するという。


女性・女系天皇論議に学者らがコメント

女性・女系天皇に反対する学者らによる「皇室典範問題研究会」(代表・小堀桂一郎東大名誉教授)は25日夜、「民間の学識者の意見を顧みる余裕もなく、現皇族のご意見を聴こうともせず、しかるべき政治家の意見にもあえて耳をかそうともしない、そのかたくなな姿勢を見ては、この会議にはかかる重大問題を議する資格は無いと断ぜざるを得ない」などとするコメントを発表した。

 ◇

 天皇制を題材にしたノンフィクション「ミカドの肖像」の著者・猪瀬直樹さんの話「女性、女系天皇を容認するということは、選択肢の幅を広げておくということだろう。男子しか認めない「原理主義」では解決しない。現実を許容しながら判断するしかないのかもしれない。旧皇族の中に男子もいるが、いまは普通の人と同じ生活をしているのだから難しいだろう。ただ、(婚約中の)紀宮と黒田さんとの間に男子が生まれれば、皇位継承を考えてもいいのではないか」

 ◇

 橋爪大三郎・東京工業大教授(社会学)の話「妥当な結論だと言える。国民の支持もあり、国民の総意に支えられる「天皇システム」は、時代や状況に合わせて変化するのは当然だ。とはいえ、これは問題の先送りではないのか。

問題の根本は、国民統合の象徴という重い役割を、皇族に生まれた特定個人に押しつけるところにある。このことを考えると、民主国家・日本にふさわしい、例えば共和制というあり方なども模索してよいのではなかろうか」

 ◇

 「皇室典範を考える会」の会員で、ノンフィクション作家工藤美代子さんの話「議論の進め方があまりにも性急すぎる。「女系」を認めるか、認めないかの問題と思われがちだが、もっと幅広く議論すべきだ。儀式一つとっても、女系天皇を認めてしまうと立ちゆかなくなる可能性さえある。将来、女性天皇の結婚や結婚相手の問題など、想定される課題も多い。皇室の方々や旧皇族の人たち、様々な歴史観を持つ方など幅広く各界、各層の意見を聞いて最終報告を作るべきだ」


女性・女系天皇論議、国民の間でも高い関心

 「女帝」誕生に向けて、大きく動き出した。「皇室典範に関する有識者会議」は25日、女性天皇と、母方だけに天皇の血筋を引く女系天皇を認めることを決めた。世論調査でも、女性天皇を認める意見が大勢を占めるようになった。

その一方、天皇制の根幹ともいえる皇位継承の原則が、あっさりと変わることへの反発もある。

>>・・・続く





>>女性天皇や、母方が天皇の血筋を引く女系天皇を認めることを全会一致で決めた。
>>皇室典範の改正で女性・女系天皇が認められた場合、皇太子さまに次ぐ皇位継承者は長女の愛子さまとなる。
>>男系男子が守れなくなったときに、女性の登場を待つしかない。
>>紀宮と黒田さんとの間に男子が生まれれば、皇位継承を考えてもいいのではないか



愛子天皇万歳!

かぁ〜小旗振りてぇ〜♪(ノ´▽`)ノオオオオッ♪


・・・もし紀宮様に男子誕生したら・・・・

愛子天皇・・・消滅?









★特にこれといって珍しいネタも無いですが
ついでにといっちゃぁ〜なんですがランキングのクリックに
協力してくれるとまじん3小躍りして\(^▽^\)(/^▽^)/よろこびます♪
   ↓   ↓   ↓   ↓
バナバナー ブログランキング・にほんブログ村へ





人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

皇室典範に関する有識者会議第四回一
Excerpt: 皇室典範に関する有識者会議(第四回)議事要旨一平成十七年四月二十五日(月)午後四時〜六時十分於総理大臣官邸小ホール   出席者・皇室典範に関する有識者会議メンバー吉川弘之産業技術総合研究所理事長、元東..
Weblog: 悪の教典楽天市場店
Tracked: 2005-10-29 23:13

マガジン青春譜―川端康成と大宅壮一 (文春
Excerpt: 十代半ばにしてすべての身寄りを失うという不幸な生い立ちさえも、冷徹な筆致でつづり、少年雑誌への投稿のネタにしてしまう、川端康成。父親の散財と兄の放蕩のために、若くして家業を一人で背負う羽目になりながら..
Weblog: ノンフィクションがすごくよかった
Tracked: 2007-10-04 00:54
1日1クリックご協力お願いします。
生意気にもランキングなるものに参加してみた。
お気に召したらどうかクリックなどしてやってくださいまっしぃ〜
まじん3小躍りして\(^▽^\)(/^▽^)/よろこびます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

blogRankingへカテゴリは日記・雑談(その他) ブログランキング・にほんブログ村へカテゴリは日記>>その他 ranQへカテゴリは 日記・雑談 >その他 88x31





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。