新着記事

負けるなよ!ブルガリアン!!!

2005/09/25

琴欧州、痛恨の2連敗 朝青龍と並び、千秋楽へ
2005年 9月24日 (土) 19:04


 大相撲秋場所14日目(24日・両国国技館)新関脇の琴欧州が痛恨の2連敗、横綱朝青龍が2敗を堅持し12勝2敗で2人がトップに並んだ。千秋楽は、逆転で史上2人目の6連覇を狙う朝青龍と初優勝を目指す琴欧州に、3敗の稀勢の里を加えた3人で優勝が争われる。

琴欧州はライバル稀勢の里に押し出された。朝青龍は大関千代大海を寄りで退けた。千代大海は4敗で優勝争いから脱落。大関栃東は琴奨菊を押し出し10勝目、小結琴光喜は9勝目を挙げた。十両は前日優勝を決めた豊ノ島が新十両の把瑠都に敗れ初黒星を喫した。



http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/sports/20050924/20050924i511-yol.html
琴欧州が痛い連敗、朝青龍と並ぶ…大相撲14日目
2005年 9月24日 (土) 18:29

 大相撲秋場所14日目(24日・両国国技館)――琴欧州が連敗して2敗に後退、朝青龍と並んだため優勝決定は千秋楽に持ち越された。
 琴欧州は力が出せず、消極的な相撲で3敗の稀勢の里に完敗。朝青龍は千代大海の出足を止めて寄り切った。千秋楽は、横綱と琴欧州がともに勝てば両者の優勝決定戦、そろって敗れ、稀勢の里が勝った場合は、3敗力士3人による優勝決定ともえ戦となる。栃東は10勝。


 ◇…中入り後の勝敗…◇

 栃乃洋(寄り切り)潮丸

 十文字(はたき込み)片山

 栃乃花(寄り切り)時津海

 隆乃若(外掛け)白露山

 霜鳥(寄り切り)石出

 豊桜(押し出し)栃栄

 若兎馬(寄り切り)朝赤龍

 露鵬(突き落とし)琴ノ若

 豪風(押し倒し)春日王

 安馬(寄り切り)時天空

 出島(はたき込み)土佐ノ海

 玉乃島(寄り切り)旭天鵬

 垣添(すくい投げ)玉飛鳥

 黒海(押し倒し)旭鷲山

 雅山(突き落とし)北勝力

 岩木山(上手出し投げ)白鵬

 琴光喜(はたき込み)安美錦

 普天王(寄り切り)高見盛

 稀勢の里(押し出し)琴欧州

 栃東(押し出し)琴奨菊

 朝青龍(寄り切り)千代大海

 ◆師匠、千秋楽で「琴欧州の本当の力がみたい」◆

 支度部屋では終始無言。国技館から引き上げるところを食い下がる報道陣に、琴欧州は、やっと一言叫んだ。「話したくない。わかってよ」。

 幕下時代から3勝3敗の好敵手、稀勢の里との対戦だが、琴欧州は自分が何をしているのかも、わからなかったのだろう。もろ差しを左おっつけで阻まれ、パニック状態。両手をバタバタと上下させながら、中途半端な距離で引き技に。前進を身上とする相手に、これは自殺行為だ。押し込まれると右足が流れ、あっさり土俵を割った。天を仰ぎ、思うようにならない相撲に首をかしげた。

 横綱と2敗で並んで迎える千秋楽は、名古屋場所の再現。あの時も、同じようにガチガチとなって自滅した。九重審判長は「肝心なところでやりたいことができていない」と手厳しい。

 だが、この場所の最大の立役者は、文句なしに琴欧州。師匠の佐渡ヶ嶽親方(元横綱琴桜)は、ため息をつきながらも、「これで面白くなった。あいつの本当の力がみたい」と、土壇場の立ち直りに期待する。まずは、千代大海との一番に集中すること。近年になく盛り上がった場所のクライマックスは、やはり、横綱との決定戦がふさわしい。(竹内誠一郎)

 









★ついでにといっちゃぁ〜なんですがランキングのクリックに
協力してくれるとまじん3よろこびます♪
   ↓   ↓
バナバナー

今日のその他のブログへはこちらから飛べます(^ー^* )♪

コウノトリう〜ん((+_+))ブタマン爆弾希望気象庁よりあっちもこっちも 
 


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

ウスペック琴欧州

2005/09/26

http://www.asahi.com/sports/update/0925/156.html
懸賞、史上最多の49本 大相撲朝青龍―栃東戦
2005年09月25日19時24分

 25日、大相撲千秋楽結びの一番で行われた朝青龍―栃東の取組に、史上最多49本の懸賞がかかった。従来の記録は今年夏場所と名古屋場所の千秋楽の朝青龍―栃東にかかった47本。また、千秋楽で1日計115本、秋場所1場所で計925本の懸賞がかかり、1本6万円(手数料込み)になった91年夏場所以降では、ともに過去最多を記録。秋場所終了時点で計4186本になり、昨年に記録した4027本の年間最高記録を1場所を残して更新。


しかし!



この懸賞金の最多にかかったこの勝負・・・
立会い・・・横綱の一撃で栃東即撃沈・・・
崩れるように堕ちた・・・






「終わってみれば朝青龍・・・」





結局、ウスペック(頑張れ)琴欧州!との応援したが、
ブルガリアンの健闘むなしく琴欧州の初Vはお預けとなった。

初の優勝がかかった金曜日の13日目に横綱に負けた。
それでもう優勝は無くなったと思ったね。

結局連続2番負けての千秋楽、千代大海に勝ったはよかったが、
横綱も勝っちゃったために


決定戦・・・


優勝経験の豊富な横綱と、方や何もかも始めての琴欧州・・・
13日目に対戦して勝ってる横綱と負けた琴欧州
果たして軍配は・・・

結果なんか見なくてもわかるけど、やっぱり見てしまった。


まじん3ちょうど出先でこの勝負を見た。




http://www.asahi.com/sports/spo/TKY200509250100.html
朝青龍、優勝決定戦で琴欧州破り6連覇 大相撲秋場所
2005年09月25日19時25分


 大相撲秋場所千秋楽は25日、東京・国技館であり、横綱の朝青龍(24)=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ、モンゴル・ウランバートル出身、高砂部屋=が13勝2敗で、史上2人目の6連覇を達成した。6連覇は62年名古屋場所〜63年夏場所と、66年春場所〜67年初場所とで大鵬が記録して以来38年ぶりの快挙。

 朝青龍は初日、普天王に負けるなど12日目を終わって琴欧州に2勝差をつけられる展開だった。しかし、13日目の直接対決で琴欧州を下し、勢いを取り戻すと、千秋楽では栃東を下し、優勝決定戦でも琴欧州を再び下して逆転優勝を決めた。

 次の九州場所(11月13日初日、福岡国際センター)では、史上初の7連覇、横綱北の湖の年間最多勝記録82勝の更新(現在70勝)、前人未到の年6場所完全制覇などの記録に期待がかかる。

    ◇

 三賞選考委員会が25日あり、敢闘賞に千秋楽まで優勝戦線に残った琴欧州と稀勢の里が選ばれた。琴欧州は2場所連続の三賞受賞で、敢闘賞は昨年の九州場所以来。稀勢の里は史上3番目となる、19歳2カ月22日の年少記録で三賞初受賞した。殊勲、技能両賞は該当者がいなかった。

    ◇

 中入り後の勝敗は次の通り。

稀勢里 よりたおし 若兎馬

時津海 うわてひねり 春ノ山

片山 つきおとし 栃栄

豊ノ島 おしだし 琴ノ若

石出 ひきおとし 春日王

豊桜 おしだし 霜鳥

朝赤龍 こてなげ 十文字

栃乃洋 したてなげ 玉飛鳥

隆乃若 ひきおとし 土佐海

北勝力 つきおとし 白露山

時天空 よりきり 豪風

安馬 うわてなげ 琴奨菊

安美錦 したてだしなげ 露鵬

出島 よりきり 高見盛

黒海 よりきり 岩木山

垣添 おしだし 旭鷲山

白鵬 したてだしなげ 雅山

旭天鵬 はたきこみ 普天王

玉乃島 おしだし 琴光喜

琴欧州 よりきり 千大海

朝青龍 おしたおし 栃東

 ▽優勝決定戦

朝青龍 おしだし 琴欧州



6連覇は、1963年夏場所、67年初場所の大鵬以来、史上2人目。11月の九州場所では、史上初となる年6場所完全制覇と7連覇の偉業に挑む。

 また、朝青龍はこれで年間70勝とし、北の湖の持つ年間最多勝(82勝)の更新を目指す。










来場所・・・琴欧州はひと回り成長して戻ってくること間違いなし!

まだ22歳・・・

来場所に二桁勝ち星となれば当然『大関』・・・のお声はかかるはず。

小錦がいくら強くても横綱になれなかったあの時代から・・・・

そう考えると今、日本の国技でもある相撲を支えているのは

外国人力士達である。


しかし



これ以上外国人力士の活躍はいかんだろう?
と言う考えなのか一部屋一人という制度をつくり事実上満員御礼となっているようだ。

これは、まぁ〜しょうがない事だと思う。

日本の国技なんだから本来は日本人にがんばってほしいと言うのも本音。
しかし、相撲人気が無くなり衰退してくのも困ると言うのも本音。

ただでさえ日本人横綱がいない現在、もっと日本人にがんばってほしいのも本音。

でも、今の日本人に、昔のようなハングリーさは無い!

その点、諸外国の人は一攫千金を求めて日本に来る。

ジャパニーズマネーだ!

琴欧州がやってきたとき言った。

『マネー』と・・・。


所詮世の中「金」・・・である。






大相撲「1部屋1人」外国人枠“満杯”今後は空き待ち (読売新聞)

 「1部屋1人」(全54部屋)の規定がある大相撲の外国人枠が、事実上の満杯となった。横綱朝青龍、新関脇琴欧州などの活躍、国際相撲連盟による世界普及などで触発されたモンゴルや欧州諸国の外国人入門希望者は今後、現役の外国人力士の引退をあてにする“空き待ち”状態となる。

 大相撲秋場所(9月11日初日・両国国技館)の新弟子検査受検希望者の申請が31日に締め切られ、新たにグルジア出身で西前頭2枚目の黒海(24)の弟、ジョルジ・ツァグリア・メラブ君(18)が入間川部屋から受検する。

 また、今年7月の世界ジュニア選手権(両国)無差別3位となったグルジア人のジュゲリ・テイムラズ君(18)も8月初めから木瀬部屋で寝食を共にしており、11月の九州場所での入門を目指していることも分かった。

 これで、現在54ある相撲部屋のうち、外国人力士が所属していない部屋は伊勢ノ海、中村、峰崎、春日野の4部屋だけとなった。しかし、これらの部屋の師匠は、「日本人を育てるのが先。私が親方の間は、採用しない」(伊勢ノ海親方=元関脇藤ノ川)と話すなど、外国人
力士の入門には消極的な考え方だ。

 大相撲の外国人枠は一時期、「総枠40人、1部屋2人」だったが、不平等が生じるとして2002年2月の理事会の申し合わせで総枠を取り払い、既に複数が所属する部屋を除き、「1部屋1人」とした。

 秋場所番付現在、力士総数は735人で、外国出身力士は12か国59人が所属している。日本相撲協会の北の湖理事長は「今後も枠を広げる考えはない」と話している。

[ 2005年9月1日3時3分 ]

>>http://news.www.infoseek.co.jp/topics/sports/sumo.html?d=01yomiuri20050901i501&cat=35







ウスペック琴欧州!!!

kotoousyuu.jpg









★ついでにといっちゃぁ〜なんですがランキングのクリックに
協力してくれるとまじん3よろこびます♪
   ↓   ↓
バナバナー

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

やったね!

2005/11/25

朝青龍、琴欧州に敗れる 大相撲九州場所
2005年11月25日18時29分

琴欧州vs朝青龍
琴欧州が朝青龍をやぶる

琴欧州vs朝青龍戦で座布団が舞う
琴欧州が朝青龍を寄り倒しで破り、座布団が舞った

 大相撲九州場所(福岡国際センター)13日目の25日、関脇琴欧州が横綱朝青龍と対戦し、寄り倒しで破って10勝目を挙げ、ここ3場所の通算成績を35勝とした。

 朝青龍は12勝1敗。この相撲には78年に北の湖が作った年間82勝の最多記録の更新もかかっていたが、翌日以降に繰り越された。

 唯一、2敗だった大関千代大海は大関魁皇にはたき込みで勝った。

 3敗は琴欧州のみ。3敗だった魁皇、平幕栃乃花はそれぞれ4敗に後退した。

   ◇

 中入り後の勝敗は次の通り(左側が勝ち力士)     

栃乃洋 うわてなげ 大翔大  

春日錦 よりきり  朝赤龍  

駿 傑 おくりだし 琴ノ若  

片 山 おしだし  旭鷲山  

豪 風 つきおとし 春日王  

白露山 すくいなげ 高見盛  

露 鵬 はたきこみ 十文字  

時天空 ひきおとし 栃乃花  

黒 海 おしだし  若兎馬  

安美錦 ひきおとし 土佐海  

豊ノ島 よりきり  稀勢里  

琴奨菊 よりきり  垣 添  

岩木山 おくりだし 北勝力  

玉乃島 はたきこみ 出 島  

雅 山 つきおとし 白 鵬  

安 馬 よりきり  旭天鵬  

琴光喜 つきだし  普天王  

千大海 はたきこみ 魁 皇  

琴欧州 よりたおし 朝青龍  







やったね!琴欧州!


伊達にあややとCM出てないわな!(笑)

やっぱモンゴリアン倒すのには、


外国人力士が必要ですよ!?

相撲協会の人ももうちょっと

外国人枠に寛大なる処置をお願いしますよ!



横綱なんだけど・・・・


強い横綱なんだけど・・・・

こうも同じ力士の連続優勝が続くとねぇ〜・・・

結局また朝青龍かよ・・・┐(  ̄ー ̄)┌

って気分にもならぁ〜だでよ?


こう強い横綱が敗れるとこれまた話題になって

面白味が出て来るってもんだろう?



琴欧州ばかりじゃなくってさ、


どうしたのよ?


千代大海に栃東!

それに魁皇!

もうちょっと日本の国技らしく日本人力士がんばれよ!

今こそここでジャパンパ((〃´o`)=3ふぅ〜危ない危ない)




そういや高見盛はいずこへ?


ま、いいや┐(  ̄ー ̄)┌









そういやひっそりと


琴ノ若が引退、「佐渡ケ嶽」を継承へ

2005年11月25日19時48分

 元関脇で西前頭11枚目の琴ノ若(37)=本名鎌谷満也、山形県尾花沢市出身、佐渡ケ嶽部屋=が13日目の25日、取組終了後に引退届を提出。同日付で定年退職した義父の佐渡ケ嶽親方(元横綱琴桜)から部屋と「佐渡ケ嶽」の名跡を継承することが、持ち回り理事会で承認された。

 84年夏場所初土俵。191センチの長身を利した四つ相撲で90年九州場所新入幕。幕内在位90場所と同出場1260回はともに歴代4位。殊勲賞2、敢闘賞5、八つの金星がある。師匠の長女と結婚しており、部屋を継ぐことが既定路線になっていた。幕内通算成績は608勝656敗84休。琴ノ若の引退で、蔵前国技館の土俵を踏んだ現役関取はいなくなった。



琴ノ若が引退した。

義父が佐渡ケ嶽親方・・・つまり親方の娘とケコーンしたわけだ。

でもあんなにものいい体格の持ち主だったのに・・・

結局関脇止まりだったか・・・

これからは部屋ついで安泰な生活?

って分けでもないだろうケド・・・

どしどし強い力士育てて欲しいね!


琴ノ若引退の真相は、知っての通り

現親方の佐渡ヶ嶽親方が定年を迎えるのです!

親方最後に琴欧州と言ういい逸材を発掘したのぉ〜

って感じだ(笑)



定年迎える佐渡ヶ嶽親方、優勝力士最多に挑む

2005年11月11日12時53分

 琴欧州が初優勝と大関昇進に挑む九州場所は、今場所で65歳の定年を迎える師匠の佐渡ケ嶽親方(元横綱琴桜)にも快記録がかかる。師匠として部屋別総当たり制以降最多タイの4人の優勝力士を出しており、弟子が優勝すれば単独トップに立つ。部屋を持って31年、個性派力士を育て続けた名伯楽に思いを聞いた。

■5人目 琴欧州に期待

 「どうして力を抜く。横綱が来てくれるなんてそうは無い。ありがたく思ってがんがん行け」

 横綱朝青龍が出げいこに来た4日朝、消極的な相撲をしていた琴欧州に親方の怒声が飛んだ。

 「他の日本人より、精神力はあるが、わしらのころに比べれば、琴欧州もまだ甘さがある」

 現役時代「猛牛」と呼ばれた。強烈な押し相撲は、横綱大鵬や同部屋の大関琴ケ浜との猛げいこで身につけた。

 「毎日半殺しにされるくらい熱心に鍛えられた。大横綱の二子山親方(元初代横綱若乃花)に『琴桜のけいこをビデオに撮って弟子に見せてやりたい』とほめられた時はうれしかったなあ」

 32歳で横綱になり、遅咲きの花を咲かせたが、優勝回数は大鵬の32回に遠く及ばなかった。

 「親方として、何とか追い抜こうと思った。いつも『あの親方は何人関取を出した』という目標を作って頑張ったね」

 指導の骨格はやはり猛げいこだった。動ける間は自らまわしを締めて弟子にけいこをつけた。

 「最初の弟子の琴風(現尾車親方)は、けいこで、こてんぱんにすると、何度も泣きながら向かってきた。だから大関になれた。師匠が先頭に立って、足が立たなくなるくらい弟子をやっつけないと強くならないよ」

 同時期に部屋を興した大鵬親方は優勝力士を出せなかったが、佐渡ケ嶽親方は31年で4人に賜杯を抱かせた。

 大けがを克服した琴風に、192センチの長身琴富士、「F1相撲」の異名を取った琴錦、学生エリートの琴光喜。優勝力士は、それぞれタイプが異なる個性派ぞろいだ。

 北海道の琴冠佑(現幕下)から沖縄の琴椿(現白玉親方)まで、関取の出身地も様々だ。部屋継承から途切れることなく22人の関取を出した。

 「毎日けいこが終わったら、あちこち会いに行った。女房から『全然部屋にいない』と言われるくらい、無駄な時間を作らずスカウトに歩いた」

 「現役時代は決してサインを断らなかった。その時の縁がつながり、親方として助けられた面も大きかったね」

 今場所も琴欧州、琴光喜の両関脇に、娘婿の琴ノ若、21歳のホープ琴奨菊が幕内に名を連ね、いまだ隆盛を保ち続ける。

 定年後は琴ノ若に部屋のバトンを渡す。

 「辞めても師匠が続くような気持ちだな。琴欧州は横綱が狙える。琴光喜も大関に。楽しみな器がいるから、長生きできそうだねえ」


◆師匠と優勝力士数◆

師匠と優勝力士数


※部屋別総当たり制になった65年初場所以降に出した優勝力士。しこ名は最終。カッコ内の洋数字は、(初優勝年(優勝回数))。
 佐渡ケ嶽慶兼(さどがたけ・よしかね) 本名・鎌谷紀雄。鳥取県倉吉市出身。59年、佐渡ケ嶽部屋に入門。複雑骨折などけがに苦しんだが、73年、32歳で横綱に昇進した。優勝は5回。現役引退した74年、先代佐渡ケ嶽親方(元小結琴錦)の急逝で、部屋を継承した。





親方お疲れ様でした。ぺこ <(_ _)>






さて、十三日目終わって

12勝1敗:朝青龍
11勝2敗:千代大海
10勝3敗:琴欧州

残り2日琴欧州に優勝の可能性は無きにしも非ずだが

大関昇進へはアリだろう?

親方に最後の冥土の手土産を!



取り組みなど詳しい情報はこちら

日本相撲協会goo大相撲まで

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

終わってみれば

2005/11/26

朝青龍







史上初となる7連覇

年6場所の完全制覇

年間勝ち星83勝

北の湖が1978年に作った82勝の最多記録を

27年ぶりに塗り替えた。







朝青龍7連覇
魁皇を下して13勝1敗で15度目の優勝を決め、勝ち名乗りで、うれし泣きする朝青龍。史上初の7連覇。年間6場所完全制覇も史上初、年間勝利数(83勝)の新記録も樹立した(26日、福岡国際センター)




朝青龍、千秋楽待たず史上初の7連覇 年間全制覇

 福岡市博多区の福岡国際センターで開かれている大相撲九州場所は14日目の26日、横綱・朝青龍(25)=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ、モンゴル・ウランバートル市出身、高砂部屋=が15回目の優勝を果たし、史上初の7連覇と年間6場所完全制覇を達成した。朝青龍は魁皇を寄り切ったあと、感極まって涙を浮かべた。
 6連覇は元横綱・大鵬が1962〜63年、66〜67年に2度達成し、朝青龍が秋場所で並んでいた。年間勝ち星も83となり、元横綱・北の湖が78年に記録した82勝を更新。優勝15回は元横綱・輪島を抜き、単独5位となった。
 また、ブルガリア出身の関脇・琴欧州(22)=本名カロヤン・ステファノフ・マハリャノフ、佐渡ケ嶽部屋=が千代大海を破って11勝となり、大関昇進を確実にした。日本相撲協会の押尾川審判部長(元大関大麒麟)は「横綱、大関に勝つレベルの高い11番。審判部には9分9厘異議はないという感じだ。(昇進を審議する)理事会の招集を要請することになる」と明言した。【藤野智成】
 ▽師匠の高砂親方の話 今場所に入って落ち着いていた。目標に向かっていく気持ちが非常に強かったが、口には出さなかった。(逆転優勝した)秋場所で2差がついてさすがにあきらめたと言っていた。そういう意味では運も持っている。琴欧州にまわりがいってくれたので精神的に楽だったのでは。注文はもうないだろう。
 ▽北の湖理事長の話 連敗しないのは強さだね。(号泣しているのをみて)きのう負けてるからね。記録、記録といわれてプレッシャーがあったんだろうね。(最多勝は)破られない方がおかしいよ。1年間よく頑張ったと思う。
 ▽九重審判長(元横綱千代の富士) 普段からの相撲に傾ける気持ち、やる気がこれら大記録の要因だろう。実力がなければ勝てない。手綱を緩めず、下から上がって来る人の目標となってほしい。
 【ひと言集】
 ○栃乃花 (5年ぶりの2けた勝利)自然と足が出て行っている。上出来。信じられないですね。三賞? よろしくお願いします!
 ●玉乃島 全然だめっすね。出る力がなかった。風邪をひいてフラフラ。勝ち越しを決めた後でよかった? そうっすね(と苦笑)。
 ◇朝青龍、今年の集大成見せる
 「満員御礼」の館内はご当地の魁皇への手拍子と声援ばかり。「周りがカイオウって騒ぐとさみしくなる。一匹狼みたいで。絶対に勝ってやると思った」。気持ちの通り、相手に何もさせずに大偉業を達成した。
 左の相四つ。右上手を許すのは禁物だ。「相手に相撲を取らせない」。朝青龍が今年心がけてきた集大成を見せた。
 先に右上手を取り、魁皇にまわしを取らせないように差し手を返し、腰を伸ばして構えた。そこから魁皇のお株を奪う上手投げで上体を起こし、休まず寄った。左手でガッツポーズを2度。座布団が飛び交う中で、大事そうに30本を超す懸賞金を両手で拝み取った。その顔は涙でくしゃくしゃだった。
 三つの記録を、この一勝で決めた。その気持ちを朝青龍は「全然違いますよ。どこにいるか分からないような気持ち」と表現した。昨年の九州から4場所連続で千秋楽前に優勝するなど、他を圧倒する力を見せた。「先場所は重かった」と振り返る秋場所。琴欧州が走って2差を追う苦しさも克服し、反省もした。
 北の湖理事長は「琴欧州も本当の力はまだついていない。ついて来る人がいない」と言うが、差は着実に縮まっている。師匠の高砂親方は「体が小さいから、琴欧州戦のようにガブッと組まれた時どう対処するか」と指摘。朝青龍も「がっぷり四つはいけない。やり返さないと」と反省する。
 とは言え、「心技体」が抜きん出た状況は変わらない。「ライバルがいないと、気持ちがだんだん燃えなくなる」と言ったのは元横綱・武蔵丸の武蔵丸親方。区切りの記録を達成し、挑戦する気持ちを持ち続けることができるか。【上鵜瀬浄】
 ○…西支度部屋の風呂場で一緒になったという魁皇と千代大海。どちらからともなく、「体を作り直してお互い頑張ろう」と慰め合ったという。
 結び前の一番。千代大海は琴欧州の左からの投げに、「気がついたら投げられていた」とあっという間に土俵にたたきつけられた。結びの魁皇も朝青龍の徹底した右封じに遭い、「ちょっと攻められなかった。何も(抵抗)出来ないんじゃ……」と消え入りそうな声。
 「あきらめない。そういう気持ちでないと相撲は取れない」と魁皇が言えば、千代大海も「故障を直してけいこ出来る体を作る」と来年の巻き返しを誓った。
 ◇琴欧州の大関昇進審議する理事会の招集要請
 琴欧州は前日の横綱戦に続き、この日も大関・千代大海を豪快な上手投げで倒した。押尾川審判部長は、大関昇進を審議する理事会の招集を要請することを明らかにした。通常なら千秋楽に審判部で申し合わせるのだが、審判部内でも昇進異議なし、でまとまったものと見られる。
 この日の勝利で三役3場所で36勝8敗と成績も文句なしだ。これを伝え聞いた琴欧州は「すごい、うれしい」と大興奮。兄弟子の琴光喜がかつて3場所34勝を挙げながら、昇進が見送られたことから「上がれるか心配してた。寝れないと思う」と声を弾ませた。北の湖理事長は「昨日も今日も大きな1勝だ。横綱、大関を倒し、評価される」と語った。
 ◇幕内通算優勝回数◇
(1)32 大 鵬
(2)31 千代の富士
(3)24 北の湖
(4)22 貴乃花
(5)15 朝青龍
(6)14 輪 島
(7)12 武蔵丸
   12※双葉山
(※は年2場所開催)
(毎日新聞) - 11月26日23時54分更新




朝青龍が前人未到7連覇、琴欧州は大関昇進確実に

 大相撲九州場所は26日、福岡国際センターで14日目が行われ、横綱朝青龍(高砂部屋)が大関魁皇(友綱部屋)を下し、千秋楽を待たず、15度目の優勝を決めた。

 朝青龍は、いずれも史上初となる7連覇と、年6場所の完全制覇を達成。同時に年間勝ち星を83勝とし、北の湖が1978年に作った82勝の最多記録を27年ぶりに塗り替えた。

 また、東関脇で、ブルガリア出身の琴欧州(本名カロヤン・ステファノフ・マハリャノフ、佐渡ヶ嶽部屋)は大関千代大海を破り、11勝として場所後の大関昇進を確実にした。昇進の目安となる直近3場所の計33勝を大きく上回る36勝となり、日本相撲協会審判部は千秋楽、昇進を審議する理事会の招集を北の湖理事長に要請する。

 外国出身力士の大関昇進は、2002年名古屋場所後の朝青龍以来で5人目、欧州からは初めて。所要19場所の昇進は、朝青龍の22場所を上回るスピード記録(年6場所制が定着した1958年以降、幕下付け出しを除く)となる。

 ◇…中入り後の勝敗…◇

 栃栄(突き落とし)片山

 春日錦(押し出し)十文字

 駿傑(寄り切り)若兎馬

 栃乃花(押し出し)朝赤龍

 土佐ノ海(寄り切り)高見盛

 栃乃洋(寄り切り)豪風

 春日王(内掛け)露鵬

 時天空(はたき込み)白露山

 安美錦(押し出し)旭鷲山

 稀勢の里(不戦勝ち)琴ノ若

 岩木山(寄り切り)豊ノ島

 垣添(押し倒し)安馬

 雅山(引き落とし)玉乃島

 琴奨菊(送り出し)北勝力

 旭天鵬(寄り切り)普天王

 出島(寄り切り)白鵬

 黒海(すくい投げ)琴光喜

 琴欧州(上手投げ)千代大海

 朝青龍(寄り切り)魁皇

 ◆偉業達成に辛口の先達も「まいった」◆

 支度部屋で報道陣の質問に答えていた朝青龍が突然、大勢のカメラマンに向かい、左手でVサインを作った。土俵上で涙を流したと思えば、数分後に子供のようにはしゃぐ。年初に目標に掲げた前人未到の大記録を達成し、さすがの横綱も興奮を隠せなかった。

 相撲は冷静だった。前日の完敗を引きずることもなく、立った瞬間、左を差して右前まわしを引いた。魁皇に得意の右上手を与えず、慎重に勝機を探る。左下手を握った瞬間、一気に前に出る完勝だった。

 朝青龍の強さを、師匠の高砂親方(元大関朝潮)は「落ち着き」と表現した。立ち合いや攻撃の型を幾つも持つが、攻め急ぐことはない。この日のように、焦らず、万全の態勢を作る負けない相撲が増えた。

 今場所は、2差を付けられて苦しんだ先場所を教訓とした。「前半から走って行くのが大事。先に落とすと、後で重くなる」。序盤から集中力を高め、「先行逃げ切り」に持ち込んだ。

 そうして、つかんだ3つの大記録。どれが最も価値があるかと尋ねられ、「全部、大きいよ」。そして「オレはいま、どこにいるか分からない。そんな気持ち」。誰も味わったことのない感激に浸って目を閉じた。

 これまでは、優勝を重ねても、けいこが足りないなどと、必ず苦言をもらっていた。ただこの日、師匠は「注文なんてないよ。ここまでやったら、『参りました』って言うしかない」。

 辛口な先達も黙らせる偉業達成だ。(臼田雄一)
(読売新聞) - 11月26日21時3分更新







朝青龍、史上初の7連覇 大相撲九州場所

2005年11月26日22時52分

 大相撲九州場所は26日、福岡国際センターで14日目があり、横綱朝青龍(25)=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ、モンゴル・ウランバートル出身、高砂部屋=が、7場所連続15度目の優勝を果たした。7連覇と年6場所完全制覇は史上初。また、年間勝ち星を83勝とし、78年に北の湖が作った82勝の最多記録を27年ぶりに更新した。

 勝ち名乗りを受けようとした瞬間、朝青龍の顔がぐしゃぐしゃにゆがんだ。うつむいたまま右手で手刀を切り、35本の懸賞を両手で押し頂いた。

 「みんな魁皇、魁皇って騒ぐのでさみしくて。一匹の狼(おおかみ)みたいだった」

 前人未到の3大記録を達成したこの日、客のほとんどが地元福岡出身の大関を応援していた。

 モンゴルから来日して8年。高知・明徳義塾高を経て、入門から約7年で達成した偉業。横綱17場所で13度の優勝、抜きんでた力は疑いない。

 大鵬には貴ノ花(故・二子山親方)、貴ノ花には千代の富士が引導を渡した。千代の富士に引き際を悟らせたのは、貴ノ花の息子の貴花田(後の横綱貴乃花)。そんなバトンの受け渡しは、貴乃花が力尽きて途絶えた。

 強さを示す「物差し」に恵まれず、場所前には「もっとみんな一緒にけいこをしよう」と呼びかけた。それでも昇進直後に相手をさがりではたいたり、まげをつかんで反則負けしたりして付いた「悪役」イメージをぬぐえぬまま、連覇は続く。


 「おれも愛されたいんだよ」と、漏らしたこともある。「だれにも話していないけど、とにかくプレッシャーを感じていた」。優勝を決めてガッツポーズを見せたあと、朝青龍は涙を見せた。

   ◇

 中入り後の勝敗は次の通り(左が勝ち力士)

栃 栄 つきおとし 片 山  

春日錦 おしだし  十文字  

駿 傑 よりきり  若兎馬  

栃乃花 おしだし  朝赤龍  

土佐海 よりきり  高見盛  

栃乃洋 よりきり  豪 風  

春日王 うちがけ  露 鵬  

時天空 はたきこみ 白露山  

安美錦 おしだし  旭鷲山  

稀勢里 不戦勝   琴ノ若  

岩木山 よりきり  豊ノ島  

垣 添 おしたおし 安 馬  

雅 山 ひきおとし 玉乃島  

琴奨菊 おくりだし 北勝力  

旭天鵬 よりきり  普天王  

出 島 よりきり  白 鵬  

黒 海 すくいなげ 琴光喜  

琴欧州 うわてなげ 千大海  

朝青龍 よりきり  魁 皇 







もうね・・・朝青龍が優勝するところ見たくないの!

たまには違う人希望♪

朝青龍も気を使って休場とかしろよ!!

横綱が休むと他の力士ががんばるやろ?(ちゃうか?)

なんにせよ朝青龍の優勝見たり聞いたりするの




もうアイタ












「家族の支えがあったから」 琴ノ若が引退会見
2005年11月27日00時09分

 13日目に現役を引退した元関脇琴ノ若(37)が26日、定年退職した義父の先代佐渡ケ嶽親方(元横綱琴桜)とともに記者会見。「家族の支えがあったからここまでやってこられた」と22年の土俵生活を振り返った。

 思い出の取組には昨年名古屋場所でかばい手が認められず、取り直しの末に敗れた横綱朝青龍戦をあげた。今後は佐渡ケ嶽親方として、大関昇進が確実視される琴欧州らを指導。「もっともっと強い力士を育てたい」と語った。先代佐渡ケ嶽親方は「今後も安心しています」と部屋を託す娘婿への信頼感を口にした。



娘婿・・・琴ノ若は逆玉の輿マスオさんだね♪

お疲れ様、そしてこれからが大変だ!

がんばれ!新米佐渡ヶ嶽親方!




人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

まだ25歳か

2005/11/29

琴欧州、睡眠時間は「あんまり」 千秋楽一夜明け会見
2005年11月28日10時52分

笑顔で会見する琴欧州
笑顔で会見する琴欧州=28日午前8時12分、福岡県久山町で

新旧の佐渡ケ嶽親方に挟まれ会見する琴欧州。手前は今場所限りで引退した元琴ノ若の新佐渡ケ嶽親方
新旧の佐渡ケ嶽親方に挟まれ会見する琴欧州。手前は今場所限りで引退した元琴ノ若の新佐渡ケ嶽親方=28日午前8時33分、福岡県久山町で

 大相撲九州場所で11勝4敗の成績をあげ、大関昇進を確実にした東関脇琴欧州(22)=本名カロヤン・ステファノフ・マハリャノフ、ブルガリア出身、佐渡ケ嶽部屋=は28日午前、福岡県久山町の宿舎で会見。「いい成績を残せてよかった」と笑顔も見せながら、千秋楽から一夜あけた心境を語った。

 会見場には、報道陣約70人とテレビカメラ8台が並んだ。昨夜の睡眠時間は「あんまり」と言った琴欧州。「黒星を喫した初日は緊張したが、勝ち越してから落ち着いた」と振り返った。

 30日の日本相撲協会理事会で大関昇進が決まる。琴欧州は「待ち遠しい」と話したが、「昇進を告げる使者への口上は考えたか」との質問には「はい」と答えただけで、具体的な中身を問われると、笑顔で首を横に振った。





琴欧州、ヨーロッパ出身初の大関昇進へ
2005年11月27日18時21分

 大相撲九州場所は27日、福岡国際センターで千秋楽を迎え、東関脇琴欧州(22)=本名カロヤン・ステファノフ・マハリャノフ、ブルガリア出身、佐渡ケ嶽部屋=のヨーロッパ出身初の大関昇進が事実上決まった。

 琴欧州は11勝4敗で場所を終え、最近3場所の通算成績は36勝。日本相撲協会の押尾川審判部長(元大関大麒麟)はこの日、「審判部は100%異議なし」として、北の湖理事長に大関昇進を審議する臨時理事会の招集を要請。北の湖理事長も了承した。30日の番付編成会議での推挙と理事会の承認を経て、昇進が正式に決まる。

 琴欧州はブルガリアのレスリングの有望選手だったが、相撲に転向し、02年九州場所が初土俵。初土俵から19場所での大関昇進は、幕下付け出し力士を除けば年6場所制になった58年以降、朝青龍の22場所を上回る史上1位のスピード記録。

 琴欧州の大関昇進に加え、朝青龍が史上初の7連覇を達成。今場所は九州場所としては6年ぶりに3日間の「満員御礼」が出たが、平日は4割程度の入りに終始した。




琴欧州が殊勲・敢闘ダブル受賞、技能賞に時天空 大相撲
2005年11月27日19時52分

 三賞選考委員会が27日あり、琴欧州が今年名古屋場所以来2度目の殊勲賞と、2場所連続で敢闘賞を受賞した。琴欧州はこれで3場所連続の三賞で、ダブル受賞は初。敢闘賞にはほかに16場所ぶりの幕内復帰場所で2ケタ勝利を挙げた栃乃花と、3大関を破った雅山。雅山は史上4位タイとなる33場所ぶりの三賞受賞。技能賞はすそ払いなど多彩な技を見せた時天空が初の三賞に選ばれた。



3度宙に舞い「ありがとう」 朝青龍、異例の胴上げ
2005年11月28日10時36分

 前日7連覇を達成した朝青龍は千秋楽も白星。「つらいこともあったが、本当にうれしい。今年最後の一番を(勝利で)締めくくれて良かった」とほっとした表情を浮かべた。

 武蔵丸が引退した後、1人横綱として12場所、重責を背負った。その緊張感の中での偉業に「(先の)大きな山を見ず、足元の石ころを見て頑張りました」。

 06年の目標を聞かれると、「まだまだ、弱冠25歳なので、(これからも)努力します」と答えた。

 表彰式の後、支度部屋に戻ると、一門の関取らによる異例の胴上げが待っていた。

 3度、宙に舞い「ありがとう」。晴れやかな笑顔を見せた。

    ◇

 小泉首相は27日、千秋楽を観戦、朝青龍に総理大臣杯を手渡した。「新記録、大記録、見事だ。おめでとう」と叫ぶパフォーマンスも見せた。

 今回の授与について、首相は「『初場所から九州場所まで、全部優勝したら行きますよ』と約束していた。その約束を果たしに来た」と説明、「歴史に残る名横綱になったんじゃないか。たいしたもんだ」と語った。







まぁ〜たバカ小泉が『感動した』とか言うたんか?って思ってたら今回は

新記録、大記録、見事だ。おめでとう
って叫んだようやね。(  ̄ー ̄)勝手にせい!

それにしても朝青龍・・・まだ25歳かよ・・・
先長いなぁ〜・・・
日本の国技も人気を外国人に委ねなあかんなんてな┐(  ̄ー ̄)┌

ま、それで相撲が残っていけばいいやん。
そ、思う。外野やから何とでも言える(笑)


琴欧州・・・大関昇進おめ!

もっともっと力つけて安定感のある相撲身につけて

誰かさんたちが足踏みし続けている大関を

あっという間に通過して横綱になって

あの朝青龍を負かすような横綱になって欲しいね!

期待してる!


もうね、日本人には期待しない。
昔みたいに切羽詰ったなんチャラは今の日本の現代人にはないからね!
外国にはそういうの・・・沢山アルネ!

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

久々の日本人!

2006/01/22

 
久々に国技館に飾られる優勝力士の絵が日本人になった!
今までずーっと朝青龍だけーだったのでちょっと・・・
イヤ、かなりうれしいかも!!!(~∇~* )ノ(*~∇~*)ノ( *~∇~)ノ

これでやっと栃東も綱取りへ!

・・・やねんけどなぁ〜・・・
栃東・・・プレッシャーに弱いからなぁ〜・・・ε-(ーдー)

がんばって連続優勝して是非!


横綱になって欲しいね!!




いつまでたっても、終わってみれば朝青龍・・・の時代を変えて欲しい!

琴欧州も早く横綱になってほしいね!







それにしても・・・
横綱が負けた取り組みの後、必ずと言っていいお約束の

座布団投げ!


あれね、危ないからおやめ下さいって、館内放送でも言ってるでしょ?
大人なんだから聞こうよ!

・・・って無理か・・・


競馬でもゴール前いまだにマークカードをほり投げる輩がまだ居るからな・・・
まぁ〜競馬の場合、GTだと全国放送のしかも注目浴びるし、尚且つ
夕方夜のニュース、はたまたJRA出版のDVDなんかにも残っちゃう・・・
なんて事にもなりかねないしね┐(  ̄ー ̄)┌



相撲でのあの座布団投げ・・・

本来は、扇子などを投げて後でご祝儀を渡していた慣わしがあったようで・・・
まぁ〜舞台なら御ひねりがあるでしょう?
それと同じ・・・かな?。。。o(゜^ ゜)??
横綱が格下に負けると言う番狂わせで観客の失意を表現する行為って感じでもあるんだろうが・・・
最近では強すぎる朝青龍が負けてうれしさを表現?するに変わってきてるのか?
でも本当は危ないから禁止なんだけどね・・・


ちなみに競馬でのゴール前での勝馬投票券ないし、マークカード投げは、TVに自分の投げた券を映すことを目的としている節がある。


まぁ〜勝馬投票券が降ってきて頭に当たっても痛くはないとは思うけど
座布団がマッハで飛んできたら・・・
さぞかし痛いじゃろうて・・・(´Д`;)トホホ





そもそも競馬の紙吹雪・・・
最初にやり始めたのは、競馬ブームのあの頃だった・・・(どの頃や?)
ゴール前に陣取り、最後に紙吹雪をまく。
新聞やら、折りたたみの傘なんか投げてた奴もいた。
やってる方は楽しいかもしれない。
後で見て、『これ投げたん俺!』とか言ってね・・・
そんなことするから段々ゴール前で見ることが出来なくなるようになってきた・・・だろう?
ウイナーズサークルが遠くなった・・・だろ?
騎手と馬との距離が遠く感じる・・・だろう?

もういい加減止めようぜ!?






座布団投げるのも

馬券投げるのも












栃東が3度目の優勝 朝青龍破る 大相撲千秋楽
2006年01月22日18時21分


 大相撲初場所(国技館)千秋楽の22日、大関栃東が結びの一番で、上手出し投げで横綱朝青龍を破り、14勝1敗で3度目の優勝を決めた。

 2敗で追っていた関脇白鵬は、大関琴欧州に寄り倒しで勝って優勝決定戦に望みをつないだが、栃東が自力で優勝を手にした。横綱朝青龍は11勝4敗に終わった。白鵬は13勝2敗で、来場所以降は大関への挑戦となる。

 三賞は殊勲賞が白鵬(2回目)、敢闘賞が北勝力(3回目)、技能賞は時津海(4回目)が受賞した。

   ◇

中入り後の勝敗は次の通り(左が勝ち力士)

玉春日 つきおとし 片 山

武雄山 おしだし  若兎馬

潮 丸 つきおとし 土佐海

琴奨菊 うわてなげ 北 桜

稀勢里 おしだし  豊ノ島

普天王 よりたおし 嘉 風

十文字 おしだし  駿 傑

垣 添 おしだし  若の里

春日王 おしだし  安美錦

豊 桜 ひきおとし 出 島

旭鷲山 うわてなげ 春日錦

栃乃花 つきおとし 豪 風

黒 海 つきだし  高見盛

北勝力 ひきおとし 露 鵬

時天空 うちがけ  白露山

雅 山 よりたおし 安 馬

岩木山 よりきり  玉乃島

旭天鵬 よりきり  朝赤龍

時津海 すくいなげ 琴光喜

白 鵬 よりたおし 琴欧州

栃 東うわてだしなげ朝青龍



人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

プレゼント♪

2006/03/13

 

琴欧州の化粧まわし、星の数は12「残り3つは自分で」
2006年03月11日06時04分

 欧州出身で初の大関となった琴欧州(23)=ブルガリア出身、佐渡ケ嶽部屋=に欧州連合(EU)から贈られる化粧まわしの図案が10日、発表された=EU駐日欧州委員会代表部提供。

 218点の公募からデザイナーの山本寛斎氏らが審査。星を円形に配したEU旗を基調としている。ゲンを担ぐお相撲さんとしては、気になるのが星の数。旗ではEU加盟国数に関係なく「12」に固定されているが、勝ち星が12勝止まりでは横綱昇進はおぼつかない。

 EU駐日欧州委員会代表部と佐渡ケ嶽部屋が相談した結果、「残り三つの星は本人が自ら取る」という結論に落ち着いた。夏場所前の4月24日に本人に贈呈される。

公募により決定した琴欧州の化粧まわし(EU駐日欧州委員会代表部提供)
公募により決定した琴欧州の
化粧まわし(EU駐日欧州委員会代表部提供)





 新しい化粧回しは4月24日だが、今日の初日は場所前に痛めた右膝のじん帯が痛々しくテーピングやらがされていていつものピンと張りのある琴欧州の体つきとは全然違うようにTVで見る限りはそう目に映った。それに何だか少し痩せたようにも感じた。
 
 このままで大丈夫か?琴欧州?もし、このままけがの具合で休場してしまうともう生琴欧州見れなくなるので、早い目に部屋のあるあそこへ出掛けて行こうとか秘かに計画中。まぁ〜直接生琴欧州拝めなくってもまぁ〜空気だけでも?(笑)ともかくまぁ〜こんなに近場で生琴欧州にお目にかかれるのは1年に1回あるかないか・・・だろうて。
 
 行ってみようかカンガル〜♪困った困ったたぬきさん〜♪(・・・どこかで聞いたようなフレーズだが)


 今日の琴欧州はすんげー見ててハラハラするような相撲内容でした。相手に恵まれた感もあった。足に力が入っていない様子だった。こんな状態で千秋楽まで走れるのだろうか?すんげー心配だ。

 あいかわらず角番大好き大関の千代大海は今日もまた、頭を掴んで引きやがった!ったくもうちょっと大関らしい相撲を!!!と秘かに心の中で彼に期待するのは間違いなのだろうか?
横綱になれてもおかしくなかったんだけど・・・

 ま、春場所は始まったばかりだ!だけどやっぱり見に行くのは初日・・・なんだろうね。一番各力士の気合が乗る初日を見ておかないと!!なんでしょうかね?その所は、行った事がないのでわかりませんが・・・一度は升席に座ってお弁当を食べながら優雅に見てみたい今日この頃です・・・が、升席もあんがい居心地が悪いとも聞きますが、本当のところはどうなんでしょうかね?まぁ〜何事も他人の意見よりも、我の体験に勝るもの無し!ですな(笑)







栃東・白鵬は白星スタート 大相撲春場所初日
2006年03月12日18時32分


 大相撲春場所(大阪府立体育館)初日の12日、綱取りのかかった大関栃東は小結露鵬を押し出しで破り、大関昇進のかかった白鵬も北勝力を寄り切りで下した。横綱朝青龍は小結雅山を送り投げで、大関琴欧州も前頭玉乃島を寄り切りで退けて白星スタートを切った。

 カド番大関の千代大海は黒海をはたき込みで破ったが、同じくカド番の魁皇は平幕の安馬に引っ掛けで敗れた。

   ◇

 中入り後の勝敗は次の通り(左が勝ち力士)

    =中入り後=     

武雄山 おしたおし 嘉 風  

皇 司 よりきり  潮 丸  

北 桜 おしだし  玉春日  

豊 桜 おしだし  春日錦  

栃乃洋 よりたおし 旭鷲山  

高見盛 うわてなげ 白露山  

若の里 よりきり  豊ノ島  

豪 風うわてだしなげ栃乃花  

朝赤龍 よりたおし 十文字  

春日王 こてなげ  琴奨菊  

稀勢里 したてなげ 時天空  

垣 添 おしだし  時津海  

出 島 よりきり  旭天鵬  

普天王 すくいなげ 岩木山  

琴光喜 おしだし  安美錦  

白 鵬 よりきり  北勝力  

安 馬 ひっかけ  魁 皇  

千大海 はたきこみ 黒 海  

琴欧州 よりきり  玉乃島  

栃 東 おしだし  露 鵬  

朝青龍 おくりなげ 雅 山  







新弟子検査59人が合格
2006年03月12日17時04分

 春場所の新弟子検査合格者が12日、発表された。内臓検査の結果待ちだった第1検査(173センチ、75キロ以上)の43人、第2検査(167センチ、67キロ以上、運動能力検査)の16人の計59人全員が合格。春場所2日目からある前相撲で初土俵を踏む。







栃東・白鵬、ダブル昇進なるか? 春場所12日初日
2006年03月11日13時20分


昇進までの流れ
昇進までの流れ

 栃東の綱とりと白鵬の大関昇進がかかる春場所。朝青龍の「一人横綱」が丸3年に達し、古参大関の魁皇、千代大海は衰えが著しい。栃東と白鵬に追い風は吹いているのだが、昇進の基準は場所のムードに左右されがちだ。過去の例から検証してみた。

 50年に設置された横綱審議委員会(横審)は、推挙の基準を58年に「2場所連続優勝もしくはそれに準ずる成績」と内規で定めた。「準ずる成績」とは「優勝同点」(決定戦で敗退)や「優勝力士に次ぐ星数」と様々に解釈されてきた。

 だが、優勝経験無しで昇進した双羽黒が87年末に不祥事で廃業して以降、横審は「準ずる成績」の適用に慎重になった。旭富士から朝青龍までの6横綱は、全員が連続優勝しての昇進。貴乃花は大関で全勝優勝した94年秋場所後の横審で、前の場所が11勝だったために推薦を拒否された。

 現在の北の湖理事長の持論は「13勝以上が昇進の基準」だ。最近では04年九州場所で連覇を狙った魁皇が12勝し、優勝した朝青龍とは星一つ差。当時の押尾川審判部長(元大関大麒麟)は推挙に動いたが、審判部内は合意に至らなかった。

 一方、最近の大関昇進は「直前3場所を小結か関脇で計33勝」が過去の例からの目安とされる。だが、00年夏場所後昇進の雅山は直前3場所で計34勝していたが、同部屋の横綱武蔵丸や大関出島らと対戦していないことなどから、臨時理事会で異論が噴出。7対3の多数決で昇進が決まる異例の事態となった。

 雅山は大関としては肩の故障などで1度も二けた勝利を挙げられず、8場所で陥落。あおりを受けたのが02年初場所の琴光喜で、平幕優勝を含む3場所計34勝ながら、昇進を見送られた。

 栃東と白鵬の昇進はなるか。新横綱と新大関が同時に誕生すれば、93年初場所後に曙が横綱、貴花田(後の横綱貴乃花)が大関になって以来の「ダブル昇進」となる。

◆最近の横綱昇進前2場所の成績

     2場所前 直前場所

大乃国  12勝3敗 13勝2敗

旭富士  14勝1敗◎ 14勝1敗◎

曙  14勝1敗◎ 13勝2敗◎

貴乃花  15戦全勝◎ 15戦全勝◎

若乃花  14勝1敗◎ 12勝3敗◎

武蔵丸  13勝2敗◎ 13勝2敗◎

朝青龍  14勝1敗◎ 14勝1敗◎

栃東  14勝1敗◎ ?

◎は優勝。いずれも地位は大関。

◆最近の大関昇進前3場所の成績

      3場所前 2場所前 直前

千代大海  関9勝6敗 関10勝5敗 関13勝2敗◎

出島  小9勝6敗 関11勝4敗 関13勝2敗◎

武双山  小10勝5敗 関13勝2敗◎ 関12勝3敗

雅山  小12勝3敗 関11勝4敗 関11勝4敗

魁皇  小8勝7敗 小14勝1敗◎ 関11勝4敗

栃東  関10勝5敗 関12勝3敗 関12勝3敗

朝青龍  関11勝4敗 関11勝4敗 関12勝3敗

琴欧州  小12勝3敗 関13勝2敗 関11勝4敗

白鵬  小9勝6敗 関13勝2敗 関?

関は関脇、小は小結。◎は優勝。





白鵬、心技充実 大関挑戦へ自信
2006年03月10日13時00分

 11日で21歳とは思えない、どっしりとした落ち着きが今の白鵬にはある。「初場所の13勝が自信になった」。大関昇進に手ごたえを得ている。

 昨年の春場所で苦い経験をした。新関脇で最初の大関挑戦に気合が入り、場所前にけいこをやりすぎて疲れが残った。行事や取材に追われ、日課の昼寝ができなかった。集中力を欠き、初日から3連敗。勝ち越すのがやっとだった。

 2度目の挑戦となる今回は、けいこ量を考え、昼寝も十分に取って体調管理を心がけている。入門当初から指導している熊ケ谷親方(元幕内竹葉山)は「立ち合いの踏み込みが良くなって、前まわしを早く取れるようになった。けいこで息切れすることもなくなった」と成長に目を細める。

 ほかの力士が敬遠しがちな朝青龍とのけいこにも積極的だ。今場所前も高砂部屋へ出げいこに。「横綱の胸を借りると、番数は少なくても、すごい良いけいこができる」と満足そうだった。

 昇進の目安は3場所で計33勝。白鵬は今場所11勝で到達するが、放駒審判部長(元大関魁傑)は「そのラインにはこだわっていない。むしろ、ムード、雰囲気です。強くなったな、と思えれば、昇進という声も当然出てくる」と話している。





人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

多発性脳梗塞で親方入院

2006/03/17

 
二十山親方が入院、多発性脳梗塞で
2006年 3月16日 (木) 21:11


 元大関北天佑の二十山親方(45)が、多発性脳梗塞(こうそく)のため東大阪市の病院に入院していることが16日分かった。
 約2週間の入院加療を要すると診断され、春場所5日目のこの日から審判を休場した。





音羽山親方、心臓病で長期入院
2006年 3月12日 (日) 09:44


 大相撲の元大関貴ノ浪の音羽山親方(34=貴乃花)が心臓病を患い、1月下旬から青森県八戸市内の病院に長期入院していることが11日、分かった。この日「急性呼吸不全、心房細動、敗血症」など7種類にも及ぶ病名を記した診断書を日本相撲協会に提出。今日12日から始まる春場所(大阪府立体育会館)は休場する。

 音羽山親方は現役時代から心臓に持病があり、最近も都内で通院を欠かさなかった。しかし初場所直後の1月25日に不調を訴えて緊急入院。師匠の貴乃花親方(元横綱)は「入院数日後から悪化し、約2週間は意識がなくなる重症だった」と、一時は心臓が停止して生命も危ぶまれた経緯を説明した。現在は体重が35キロも落ち、言葉を発したり歩ける状態ではないが、一時期の危険な状態は脱し、手術を受けてから容体は安定しているという。

 最近も見舞いに出向いた貴乃花親方が「春場所が終わったら迎えに行きます」と話しかけると、音羽山親方は涙を流していたという。現在はリハビリ中で、4月初めに退院できる見通しが立っている。



元大関・貴ノ浪 一時は心臓が停止も
2006年 3月12日 (日) 06:13


 元大関・貴ノ浪の音羽山親方(34=貴乃花部屋)が心臓病を患い、12日、初日を迎える春場所(大阪府立体育会館)を休場することになった。1月下旬から青森・八戸市内の病院に入院しており、11日に「急性呼吸不全、心房細動、敗血症」などの病名を記した診断書を日本相撲協会に提出した。

 音羽山親方は現役時代から心臓に持病があり、1月の初場所直後に体の不調を訴え緊急入院。何度も見舞った貴乃花親方(元横綱)によれば、2週間ほど意識がなく一時は心臓が停止して危険な状態に陥っていたという。「(手術を受けて)危機的な状況は脱しました。1日も早く回復し、部屋に戻ってきてくれることを待っています」と貴乃花親方は沈痛な表情で話した。現在はリハビリ中で、4月初めまでには退院が可能という。音羽山親方は現役時代に優勝2回。04年夏場所を最後に引退し貴乃花部屋で後進の指導に当たっていた。





無敗は早くも3人、カド番の魁皇3敗…大相撲5日目
 
 大相撲春場所5日目(16日・大阪府立体育会館)―─朝青龍は玉乃島に胸を合わされたが、強引な掛け投げで退けた。

 千代大海は安美錦をタイミング良くはたき込み、白鵬も素早い左巻き替えから岩木山を寄り切った。無敗は早くもこの3人だけ。

 栃東は黒海に快勝した。琴欧州は小兵の安馬に足取りで敗れ2敗、大関カド番の魁皇も露鵬を押し切れず、3敗となった。

  ◇…中入り後の勝敗…◇

 春日錦(寄り切り)武雄山

 旭鷲山(押し出し)北桜

 嘉風(引っ掛け)栃乃洋

 白露山(小手投げ)潮丸

 高見盛(送り出し)玉春日

 皇司(突き落とし)若の里

 豊桜(押し出し)豊ノ島

 栃乃花(寄り切り)朝赤龍

 時天空(はたき込み)十文字

 豪風(はたき込み)垣添

 琴奨菊(寄り切り)時津海

 出島(小手投げ)稀勢の里

 春日王(送り出し)普天王

 旭天鵬(寄り切り)北勝力

 琴光喜(切り返し)雅山

 白鵬(寄り切り)岩木山

 露鵬(押し出し)魁皇

 千代大海(はたき込み)安美錦

 安馬(足取り)琴欧州

 栃東(押し出し)黒海

 朝青龍(掛け投げ)玉乃島

 ◆琴欧州の弱点攻めた安馬「勝負は勝負」◆

 安馬の立ち合いに、手負いの琴欧州が翻弄(ほんろう)された。

 幕内最軽量、113キロの体で常に真っ向勝負の安馬が、当たってすぐに右に回り込む。相手の左足をすくい上げると、大関は144キロの全体重が、痛めている右ひざにかかった。2メートル03の巨体を支えきれず、琴欧州は顔をゆがめて背中から土俵に転がった。

 3戦目での初勝利に安馬は、「狙い通り。ごっつぁんて感じでした」。まわしを取ればしぶといが、18センチの身長差と、大関の深い懐を考えると、さすがにまわしを引くのは難しい。奇策を選んだ裏には、そんな事情もある。「突き放してくると」と思っていた大関は完全に意表を突かれた。

 弱点を攻めた安馬は「勝負は勝負」と非情だ。自分も右脇腹を痛め、呼吸するだけでも切れるような痛みが走るという。普段、弱みを見せない男が、脇腹をテーピングで覆うのだから、余程のことなのだろう。

 審判長の九重親方(元横綱千代の富士)は「小さな体でも押されない。常に正攻法だから、(奇策も)効いた。しょっちゅうじゃ、ばれちゃうけどな」と小兵力士の奮闘をほめた。(山口博康)
(読売新聞) - 3月16日21時11分更新




千代大海4連勝“最長大関”も視野
2006年 3月16日 (木) 06:13
(スポーツニッポン)

 大相撲春場所4日目は15日、大阪府立体育会館で行われ、大関・千代大海が北勝力を突き出して初日から4連勝。史上最多、9度目のカド番脱出へ順調な滑り出しとなった。大関在位43場所の千代大海は今回脱出すれば来場所、二十山親方(元大関・北天佑)の44場所に並び、故二子山親方(元大関貴ノ花)の50場所も視界に入ってくる。なお、全勝は千代大海と横綱・朝青龍ら5人となった。

 相手の気迫に触発された。過去7度の対戦で、1度も仕切りで目を合わせなかった北勝力が、初めてにらんできた。

 「にらんでくるから集中できた。カーッと熱くなってね。突き押し相撲は気迫ですね」

 あとは盛り上がった気持ちを土俵上で吐き出すだけだった。千代大海が速射砲のように小刻みな突きで北勝力を圧倒。電車道で突き出した。

 「同期生みたいなもの。期するものがあって気合を入れたんだなと思った」。一門が同じで入門は4カ月違い。新弟子時代、稽古場の上がり座敷で布団を並べた相手は初日から3連敗。意気に感じて勝ち取った4連勝だった。

 第一目標である8勝まで、あと4勝。これで史上最多、9度目のカド番脱出が見えてきた。千代大海は大関在位43場所目。今場所をクリアすれば、来場所で歴代2位の北天佑に並ぶ。そして、すでに意識の中には貴ノ花の50場所の大記録もある。

 「(50場所を狙うとは)言ってはいけないかもしれない。でも一番になることは何でもいいこと」

 もちろん、綱取りを断念しなければ達成できない記録だというジレンマはある。だが、大横綱以上に声援を浴びた名大関の記録が、今では大きな心の支えになっているのも確か。過去8度のカド番は平均10・75勝の好成績で切り抜けた。その勝負強さで再度難所を越えていく。




最長大関もいいんだけど、横綱の夢はもうあきらめちゃったのかねぇ〜・・・結構期待してみてたんだけどもなぁ〜・・・。ま、何にせよ記録目指すと言うことは、目標が出来るわけだからもうちょっとガンバレ!

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

またしても願い断絶

2006/03/22


白鵬が朝青龍を下し11連勝 大相撲春場所11日目
2006年03月22日18時07分

 大相撲春場所(大阪府立体育会館)11日目の22日、全勝対決となった結びの大一番は関脇白鵬が横綱朝青龍を上手出し投げで下し11連勝、単独首位に躍り出ると同時に大関昇進に向けて大きく前進した。

 朝青龍は先場所も白鵬に敗れており、雪辱はならなかった。

 大関同士の対戦は栃東が魁皇に寄り切られて3敗目を喫し、今場所の綱とりの望みは断たれた。カド番の魁皇は5勝6敗。

 大関陣はほかに千代大海が出島を押し出して8勝目をあげ、魁皇と並ぶ史上最多タイの9度目のカド番を脱出した。琴欧州も勝ち越しを決めた。

 全勝の白鵬を朝青龍が1差で追う。2敗は若の里一人となった。

 ◇

 中入り後の勝敗は次の通り(左が勝った力士)。

皇 司 ひきおとし 豊 桜  

玉春日 おしたおし 春日錦  

白露山 うわてなげ 北 桜  

若の里 よりきり  嘉 風  

豊ノ島 おしだし  武雄山  

栃乃洋 つきおとし 豪 風  

十文字 よりきり  潮 丸  

旭鷲山 よりきり  朝赤龍  

稀勢里 よりたおし 高見盛  

栃乃花 おくりだし 時津海  

琴奨菊 まきおとし 普天王  

岩木山 よりきり  春日王  

垣 添 はたきこみ 安美錦  

時天空 ひきおとし 安 馬  

玉乃島 すくいなげ 黒 海  

雅 山 おくりだし 露 鵬  

旭天鵬 よりきり  琴光喜  

琴欧州 よりきり  北勝力  

魁 皇 よりきり  栃 東  

千大海 おしだし  出 島  

白 鵬うわてだしなげ朝青龍  










 やっぱりプレッシャーに弱い?栃東・・・ε-(ーдー)まぁ〜彼も彼なりにがんばってはいるんだろうけど、どうしてかなぁ〜大切な場所で必ずと言っていいほど取りこぼす。昔ならここでヤオって綱にまであげるんだろうケド?まぁ〜またがんばって一からやり直してくれよ!でも早くしないと年齢が年齢だし、後から来てる外国人力士達に持っていかれちゃうよ?久しく日本人横綱見てないからそろそろ見てみたいものだ。

 今の横綱の朝青龍の土俵入りの型が気に入らない。やっぱり千代の富士の型が一番印象に残ってるし、何よりキレイだった。その弟子の千代大海は、どうやらカド番になると本領発揮してしまうタイプのようで、尻に火がつかないとがんばれない性分なのだろうか?カド番大好き大関千代大海・・・今度は是非カド番の最多記録更新して欲しいものだ。

 
佐渡ヶ嶽部屋
 そういや先日某佐渡ヶ嶽部屋の大阪宿舎に行ってきた。
行ってきたって前を通りかかっただけであるが・・・
春場所番付
大関・琴欧州勝紀・ブルガリア出身・佐渡ヶ嶽部屋




プレハブ部屋 思ったよりも小さく感じだ。まぁ〜なんてったってプレハブだし・・・そもそも夕方の4時5時過ぎに行ったら居てる力士もまぁ〜下っ端の方達ばかりで・・・でもあの独特の鬢付け油のアマァ〜イ香り・・・何て言うんだろうわかりやすく言えばベビーパウダーのような感じの香りが辺りに漂っていて癒される香りだった(笑)我輩あの臭い大好きだから!ヾ(〃^∇^)ノあいにくあの時間には生琴欧州は取り組みの前で大変な時だったろうからね(笑)初めて相撲部屋を見たんだけどプレハブ部屋だよな。あの中に土俵もあるんだろうか?中に入って見てないからわかんないんだけどね。ああ言う所って勝手に敷地内に入ってもいいもんなのだろうか?ちょっと勇気が無く外からしか覗いてないんだけど・・・でも印象に残ったことは、階段に干してあったヒョウ柄のパンツが印象的だった。ああいうのはく人が居るんだぁ〜ってね。時間があればもう一度行って見たいと思うが・・・まぁ〜朝稽古は見学できるらしい。朝9時までやってるようである。後少しで居なくなってしまう生琴欧州を一目見てみたいものだ。

外から見た・・・


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

明日は千秋楽にございます。

2006/03/25

 
優勝争いは朝青龍、白鵬の2人に 大相撲春場所14日目
2006年03月25日18時20分


 大相撲春場所(大阪府立体育会館)14日目の25日、横綱朝青龍は大関琴欧州を押し出しで破って、1敗を守った。同じく1敗の関脇白鵬は、若の里を寄り切りで下した。優勝争いは、この2人に絞られた。

 カド番大関魁皇は関脇琴光喜を寄り切り、7勝7敗と星を五分に戻した。

 大関同士の対戦では、栃東が千代大海を破って、3敗を守った。千代大海は6敗目。

    ◇

 中入り後の勝敗は次の通り(左が勝ち力士)。

白露山 はたきこみ 栃乃花  

十文字 よりきり  皇司  

武雄山 おしだし  豪風  

嘉風 すくいなげ 琴奨菊  

朝赤龍 うわてなげ 高見盛  

旭鷲山 ひっかけ  稀勢里  

春日王 ひきおとし 豊桜  

玉春日 ひきおとし 垣添  

時天空 けかえし  北桜  

旭天鵬 よりきり  栃乃洋  

春日錦 よりきり  時津海  

潮丸 おしだし  普天王  

豊ノ島 よりきり  出島  

玉乃島 おしだし  北勝力  

黒海 はたきこみ 岩木山  

安馬 したてなげ 露鵬  

雅山 はたきこみ 安美錦  

白鵬 よりきり  若の里  

魁皇 よりきり  琴光喜  

栃東 おしたおし 千大海  

朝青龍 おしだし  琴欧州  



 
 
 
慎重に力強く 白鵬、大関つかむ
2006年03月25日12時25分

 相手を包み込んでしまうような白鵬らしい相撲で、ぐっと大関の座をたぐり寄せた。

 立ち合いで勝負は決まった。白鵬が左ひざを深く曲げて前に送る。同時に左手は琴光喜のまわしをつかんだ。「左上手だけは取られちゃいけないのに。立った瞬間、がっちりとられた」と琴光喜。あとは慎重に寄り立て、1分かけて左上手から転がした。「柔らかくて、力を吸収される感じ。それでいて重い」と相撲巧者をうならせた。

 白鵬の体調は万全ではない。「風邪をひいてのどが痛い」と、支度部屋に戻っても荒い息はなかなか収まらなかった。そんな白鵬に力を出させた要因の一つが、モンゴル相撲の大横綱で父のジジド・ムンフバトさんが観戦に訪れたことだ。土俵入りの時に同郷の旭鷲山から知らされ、「知らなかった。びっくりしたよ」。帰り際を待ち受けていた父から祝福のキスを受けた。

 放駒審判部長(元大関魁傑)は北の湖理事長と話し合い、「千秋楽まで雑音は入れない」と、大関昇進については明言を避けた。それでも「強いね、強いね」と繰り返す表情を見れば、今場所後の新大関誕生は間違いない。

 白鵬本人は「多分そうかな、わかんない」と素っ気ない。それより「来場所につながる相撲を取りきることが一番」。14日目の相手は過去1勝6敗と分が悪い若の里。往年の大関候補を記憶のかなたへ追いやる勝ち方をして、文句のつけようのない新大関場所を迎えたい。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

つながったな!

2006/03/27

 
栃東、朝青戦にかける 来場所の綱とり
2006年03月26日12時26分

 千代大海の突きを跳ね返し、自滅を誘った栃東は「立ち合いで下からきちんと当たれた。この3日間はいい相撲がとれている」。笑顔も少しでた。

 綱とりを来場所に持ち越すには、千秋楽の朝青龍戦に勝つことが必要条件だ。「(そういう星勘定は)意識していないのでなく、頭からもう消えている。何も気にしていない」。無心の境地で臨むつもりだ。





朝青龍16度目の優勝 決定戦で白鵬下す 大相撲春場所
2006年03月26日18時31分


 大相撲春場所(大阪府立体育会館)千秋楽の26日、横綱・朝青龍が13勝2敗の優勝決定戦の末、関脇・白鵬を下手投げで破り、2場所ぶり16度目の優勝を飾った。1敗で並んでいた白鵬が本割で大関・魁皇に寄り切りで負け、朝青龍も大関・栃東に寄り切りで敗れ、モンゴル勢同士の初の優勝決定戦にもつれこんだ。

 カド番の魁皇は勝ち越して大関陥落を免れた。栃東は12勝3敗となり、来場所に綱取りの望みをつないだ。

 三賞は、白鵬が殊勲賞と技能賞を、前頭の旭鷲山が敢闘賞を、前頭の安馬が技能賞をそれぞれ獲得した。

 中入り後の勝敗は次の通り(左が勝ち力士)。

    ◇

潮 丸 おくりだし 琉 鵬  

片 山 おしだし  豊 桜  

高見盛 おくりだし 武雄山  

若の里 よりきり  旭鷲山  

春日錦 つきおとし 豊ノ島  

栃乃花 はたきこみ 嘉 風  

十文字 はたきこみ 北 桜  

朝赤龍 つきだし  皇 司  

琴奨菊 おしだし  豪 風  

稀勢里 よりきり  栃乃洋  

垣 添 おしだし  白露山  

旭天鵬 よりきり  玉春日  

出 島 よりきり  岩木山  

時津海 よりきり  北勝力  

春日王 うちがけ  黒 海  

安美錦 こてなげ  玉乃島  

雅 山 おしだし  時天空  

普天王 よりきり  露 鵬  

安 馬 おくりだし 琴光喜  

魁 皇 よりきり  白 鵬  

千大海 つきだし  琴欧州  

栃 東 よりきり  朝青龍  

 ▽優勝決定戦

朝青龍 したてなげ 白 鵬  




モンゴル首相が大相撲観戦、朝青龍に賞を授与
2006年03月26日20時04分

 来日中のモンゴルのエンフボルト首相が26日、幕内の取組を観戦した。表彰式でモンゴル国総理大臣賞を優勝した朝青龍に自ら授与した。




新大関白鵬、29日に誕生 臨時理事会招集
2006年03月26日20時15分

 東関脇白鵬(21)の大関昇進への手続きが始まった。番付編成を担当する審判部の放駒部長(元大関魁傑)は26日、北の湖理事長(元横綱)に、29日の夏場所新番付編成会議で大関昇進に関して審議する臨時理事会を開催することを要請し、理事長が招集を決定した。臨時理事会開催が決まった後、大関昇進が見送られた例はない。

 29日は大阪府立体育会館で行われる番付編成会議と臨時理事会で昇進が承認された後、協会からの使者が大阪府堺市の宮城野部屋に白鵬を訪ね、昇進を伝達。新大関が正式に誕生する。




把瑠都、43年ぶりの十両全勝優勝
2006年03月26日21時05分

 エストニア出身の把瑠都(ばると)が右腕一本で元関脇隆乃若を投げ飛ばし、63年九州場所の北の富士以来43年ぶりとなる十両全勝優勝を果たした。49年夏場所で1場所15日制が定着して以来4人目。来場所は初土俵から所要12場所、歴代2位タイのスピード記録(年6場所制となった58年以降、幕下付け出し除く)となる新入幕が濃厚だ。「そーね、楽しみ。ガンバリマス」と笑顔。







こういう時に果敢に攻めていく栃東に魁皇。
なんだかんだいって美味しいところで勝って勝ち越し!
結局引退するとかどうのって言っては撤回しても結局勝ち越して大関にとどまったようだが・・・来場所には強敵出現!の予定だな!
最初白鵬の事ロシア人だと思っていた。
あぁ〜あれは露鵬だよ・・・┐(  ̄ー ̄)┌
もう外国人力士だらけだな・・・モンゴリアン同士の対戦の方が面白い時もあるけど・・・がんばれ!ニッポン(w
栃東も千秋楽で見事に横綱に土を付けたね!周りに廻って懸賞金の垂れ幕?22本?(数え間違ってるかも・・・)グルグル周ってたね!ワッショイヾ(゚∀。)ノ"ワッショイ
やっぱ日本人にかける期待は外国人力士よりも強いね。ここで一つ来場所は優勝して横綱に!!!(準ずる成績だっけか?)
まぁ〜がんばって人気停滞気味の国技の相撲を盛り上げて、話題の一つでも提供して欲しいね!


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

誕生!

2006/03/30

新 大 関  白 鵬 誕 生 ! !
新大関 白鵬翔

 



白鵬が大関に昇進、歴代4位の若さ 大相撲新番付
2006年03月29日11時32分

 日本相撲協会は29日午前、夏場所(5月7日初日、東京・国技館)の新番付編成会議と臨時理事会を大阪府立体育会館で開き、春場所で13勝した関脇白鵬(21)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=の大関昇進を決めた。モンゴル出身は朝青龍以来で2人目。21歳0カ月は昭和以降で歴代4位の若さ。初土俵から所要31場所は歴代7位のスピード記録となった(年6場所制になった58年以降、幕下付け出しを除く)。

 理事会終了後、友綱理事(元関脇魁輝)と春日山親方(元幕内春日富士)が宮城野部屋のけいこ場がある大阪府堺市の本願寺堺別院を訪れ、昇進を伝えた。紋付き袴(はかま)姿で使者を迎えた白鵬は「謹んでお受けいたします。大関の地位を汚さぬように、全身全霊をかけて努力します。本日は誠にありがとうございます」と述べた。

      ◇

 29日に開かれた夏場所の新番付編成会議と臨時理事会で、昭和以降では歴代4位の若さで大関昇進が決まった白鵬。午前9時ごろ、大阪府堺市の本願寺堺別院本堂の金びょうぶ前に姿を見せた。土俵ではあまり見せない緊張した様子。使者が到着すると、一気に引き締まった顔になった。伝達式には師匠の宮城野親方(元十両金親)らと臨み、使者の友綱親方(元関脇魁輝)から満場一致で推挙されたことを伝えられると、しっかりした口調で受託の口上を述べた。

 式後の記者会見で、白鵬は「口上は友達、部屋のみなさんと考えた。きのうからずっと練習した。90点ぐらい」。宮城野親方は「本当に努力したと思う。(春場所は)精神的にも技術的にも向上した場所だった」と感慨深そうだった。入門時から指導する熊ケ谷親方(元幕内竹葉山)は横綱を目指すにあたり、「技術的なものはだいぶ、身についてきた。あとは心。もう少し大きな気持ちで、どんと構えていけるようになれば変わってくる」と話していた。


白鵬、目指すは横綱 両親らと喜び分かち合う
2006年03月30日11時31分

 大関昇進が正式に決まった白鵬(21)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋。伝達式のあった29日は、師匠やモンゴルから来日中の両親らと喜びを分かち合ったが、これで満足したわけではない。関係者からは「次は横綱」との声が早くも高まっている。

 白鵬の記者会見での主な一問一答は次の通り。

 ――口上に「全身全霊」を入れた思いは。

 身も心もすべてかけてという意味。相撲に自分のすべてをささげるという気持ちで入れた。

 ――入門から5年で大関。どう感じているか。

 幕内に上がった時から、頑張ればいけるかなという気持ちはあった。こんなに早くなるとは思っていなかった。

 ――早く大関になれた理由は。

 まず日本語を早く覚えたこと。一番大切なけいこで、最初は親方や先輩が言っていることが分からなかった。日本語を覚えて、分かってくると、相撲も強くなった。次に太らないと勝てないと思って、ご飯をいっぱい食べた。あとは寝ること。寝るのが好きだから。

 ――新大関の場所は。

 気持ちの面でもっと強くなって、もっと大きな相撲を取れば、大関の地位を守れると思う。

 ――父親がもう一つ上があると言っているが。

 父と並んでチャンピオンになりたいという気持ちが強くなっている。



相撲夏場所の日程決まる
2006年03月28日19時46分

 日本相撲協会は28日、5月に東京・国技館で開催される夏場所前後の日程を発表した。4月29日の横綱審議委員のけいこ総見(東京・国技館、午前7時半から。入場無料)は昨年に続いて一般公開される。このほか、主な日程は次の通り。

 ▽4月1日 入場券前売り開始▽24日 新番付発表▽25日 第1、第2新弟子検査▽5月5日 取組編成会議▽6日 土俵祭り▽7〜21日 夏場所▽22日 横綱審議委員会▽24日 名古屋場所新番付編成会議▽27日 琴ノ若引退佐渡ケ嶽襲名披露大相撲▽6月11日 大相撲勝ち抜き優勝戦

 (入場券電話予約など問い合わせは日本相撲協会=03・3623・5111)



新十両に出羽鳳と皇牙 大相撲・番付編成会議
2006年03月29日15時14分

 白鵬の大関昇進を決めた29日の番付編成会議で、十両昇進力士も発表された。新十両は出羽鳳(でわおおとり)(20)=本名松本太一、大阪市東住吉区出身、出羽海部屋=と皇牙(おうが)(28)=本名森安篤、福岡県直方市出身、高砂部屋=の2人。出羽鳳は高知・明徳義塾高出で03年の高校横綱。皇牙は結びの一番の後の弓取り力士を04年初場所から務めている。再十両は将司(まさつかさ)(21)=青森県出身、入間川部屋。








人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

改名したらしい。

2006/09/28

終わってだいぶとなるが、終わってみれば朝青龍だったね。
残念ながら今場所はほとんど相撲は見ていなかった。当日の夜にその試合を全てダイジェスト放送していたあの番組が無くなってから相撲の結果と言えば夜のニュースでさわりだけ・・・って感じだったんでね・・・。

そういやいつ頃から帰化しなくっても横綱になれるようになったんだろうか?昔は外国人力士の横綱は認めない的な感じだったのに・・・。ま、これも時代の流れかな。ま、どうでもいいけどさ。どんどん若手の外国人力士が台頭して来るのは、それだけ勢いもパワーも身長も勝ちたい上がりたい精神も日本人以上にあるからなんだろうケド、幕内でも15〜6人いるんでは?まぁ〜一部屋一人って制度にはなったんだろうケドさ、段々これは国技と言う感じではなくなってきたようにも見受けられるシーンもちらほらある。土俵降りてからの態度が残念に思う。一時に比べたらようやく礼儀も備わってきたのか?と思われる朝青龍。アンタが先に立って若手の幕内力士に指導しなくっちゃ誰がするんだ?横綱は今でも絶対的立場じゃないのかい?あれ?それはもう昔だけ?なんかな?そういや日本人以外の力士のCM出演が多いように感じる。でもそれって副業じゃないのか?ギャラはやっぱり相撲協会がほとんど頂く仕組みなんか?それともちゃんと貰えてるのか?ま、そんなことはどうでもいいんだけど、人気でてCM出てから実力が下がって行った人いるしなぁ〜・・・。CMに出ることは悪い事じゃないと思うケド、相撲人気に一役買うって感じなんだろうケドさ・・・。国際化と言うけども、国技なんだからそれなりにちゃんと指導しないとさぁ〜・・・ま、それだけ指導できる親方が居ないって事だな。親方衆の若返りもいいけど、それなりに昔気質の親方も各部屋に相談役って形で置いておかないとさ・・・。あれ?そういうのってあるのかな?ま、あまり詳しいこと知らないから何とも言えないんだけどさ・・・。

そう言えばあるときを境に大人気になった高見盛もうCMではお目にかかれないようにはなったけど、元気ですかぁ〜♪って元気だっての(w 今場所は前頭9枚目・7勝8敗で・・・負け越してんぢゃん!!!がんばれ!
そういやブルガリヤの味のあの人も最近はパッとしませんね。あの大阪場所前で、足怪我してからこれと言って目立った活躍も無く・・・。そんな琴欧州が改名をしたらしい。(やっと本題に到着。)やっぱ外国でも字画とか気にするんかな?やっぱ日本人の入れ知恵?そういや覚えてるのでは曙(今はマケボノだが)最初「ヽ」を付けていなかったけどあるときを境に「ヽ」をつけたって言うのを利いたような気がするんだけどね・・・。琴欧州も「州」を「洲」の改名したようですな。「洲」と言えば中洲とかしか思い出さないんだけど・・・^^;まぁ〜改名を機に飛躍して欲しいものだ。
個人的には把瑠都や露鵬は名前で無くちょっと受け付けない何かがあるケド、そんなものはね・・・これから今後の彼らの人となりを見ていけば変わるものだしね。ま、力士諸君頑張ってくれたまえ!
そしてまた春場所には近所の部屋まで琴欧洲を見に行こうかな(w
やっぱりお気に入りの力士は一人は作らなくっちゃいけないよな〜・・・。でないと見ていて面白くない。最近はいかに朝青龍を負かす力士がいるか?っていう方向に集中しちゃってる感があるからさ・・・。ま、それはそれで見ているほうも面白いからいいんだけどさ・・・でも方向性が違うようでもあるんだけど・・・って何言ってんだかわかんなくなってきたんで、今日はこの辺で打ち止め。






【大相撲】琴欧州→『琴欧洲』に改名、飛躍のきっかけに

 日本相撲協会は27日、ブルガリア出身の大関琴欧州(23)=本名カロヤン・ステファノフ・マハリャノフ、が同日付で『琴欧洲』に改名したことを発表した。読みは「ことおうしゅう」で変わらない。

 師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)は「成績が停滞しているので気持ちを切り替えて頑張るために改名した。字画を見たらこちらの方がいいそうなので、以前から考えていた」と説明した。

 昨年九州場所後に大関に昇進したが、今年春場所前に右ひざを負傷して不本意な成績が続いていた。若ノ花→若乃花、北の冨士→北の富士などしこ名のマイナーチェンジが奏功して横綱昇進した例も多い。琴欧洲も改名を飛躍の機会にしたい。



参照URL:http://www.sanspo.com/sports/top/sp200609/sp2006092810.html


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

あ、もうそんな季節か・・・。

2007/03/21

そういえば忘れてたけど春場所やってましたな。
今日近所のスーパーでジャージ姿でちょんまげの力士を見ましたよ。あの独特のあまぁ〜い鬢付け油の臭いが大好きな我輩・・・。思わずフラフラと付いて行き・・・そうにはなっていないが、この辺うろうろしてるってことは今年はこの辺にも来ているのかな?と思ったりもしたけど、検索してみると・・・・なんだ1部屋しか来て無いじゃん!ってことで、ここまで車で1人で来るんだね。ここまで来るってことは元地元民だったのでしょうかね?

ま、誰だったか知らないけどあと少しがんばれ〜わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


ちなみに大阪場所宿舎一覧と言うものを見つけたので・・・。
詳しくは「ここで会えます」幕内力士在籍相撲部屋大阪場所宿舎一覧&MAPの一番下の方をご参考にされたし。

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

1日1クリックご協力お願いします。
生意気にもランキングなるものに参加してみた。
お気に召したらどうかクリックなどしてやってくださいまっしぃ〜
まじん3小躍りして\(^▽^\)(/^▽^)/よろこびます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

blogRankingへカテゴリは日記・雑談(その他) ブログランキング・にほんブログ村へカテゴリは日記>>その他 ranQへカテゴリは 日記・雑談 >その他 88x31





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。